スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田植え実習

2012.06.18 つれづれ

ごぶさたしています。
娘も無事、志望校に入学し楽しく登校しています。
私は、小学校の役員を引退し、本屋の倉庫でパートをはじめました。バタバタと日々をすごしています。

さて、娘は農業高校に進学しました。
学科は、家庭科を専門とする学科ですが、
調理実習では、食品加工の学科で作った味噌を使ったり、
園芸系の学科が作ったハーブを使ったり、
こうしてみると、農業がどれだけ私たちの生活に不可欠なものか思い知らされる毎日です。
そして、今日は一年生の恒例行事、田植え実習でした。
上の写真は、皆で圃場にむかっているところ、そう、雨だったのです。
校長先生からは、数千年続く、日本人の文化の源であるとのお話がありました。そして、田植えは雨が当たり前とも。

広い広い水田。
その幅いっぱいに、2クラス+手伝いの保護者=およそ100人が2列、
たんぼの中程に向かい合わせに並び、
バックで進んでいきます。

並びはじめた様子です。


手には、こういうのを持って。


ガイドになるロープがピンと張られ、それには等間隔に赤い印がついています。それを目安に苗を植えて行くのです。

ぴっと、笛が鳴るとロープが移動します。
ロープが位置についたら、再度笛が鳴り、自分の前のマーク(4~5ヶ所)に苗を植えます。
そして、一歩後退。足あとをならす。

2時間ほどの作業でした。
水の感触、泥の感触、雨が強くなったり弱くなったりを感じながら。

終わったらまず、側溝で手足を洗いました。
そこには、こんなものが。



久しぶりに見ましたね、アメンボ。
よくみると、生まれたばかりの小さなおたまじゃくしも。

娘のおかげで、3年間貴重な体験ができそうです。
スポンサーサイト

雨上がり

ご無沙汰してます。
年度末は、ばたばたです。PTA役員してて、娘が受験生だと、
たいした仕事はしてなくても、気ぜわしくて落ち着きません。

いつも撮れる訳ではない写真が撮れました。


玄関の踏み石です。玄武岩を敢えて裏返しで使ってもらいました。
雨上がりに、水たまりができたり、葉っぱが引っかかっている景色が、なんともいえません。

雨とか陰とか、マイナスイメージなものを楽しめるアイテムっていいですね。

【内覧】キッチン~私の場合(画像なし)

画像のない内覧記事ってどういうことでしょうかね。テヘッ

キッチンの仕様を選ぶにあたり、10人いれば10の価値観がありますよね。
私は料理は好きでも得意でもないので、
キッチンはオンナの城なんていう言い方は好きになれないけど
それでも、火や水を使う過酷な現場だし
それなりの時間を費やす場所である以上、きっちり選びたい、
という思いは強かったです。

中でも重要ポイントは、とにかくステンレス。
ワークトップはもちろん、キャビネットもできればステンレス。
それから、カウンター高問題。

ステンレス、ということについては、答えは30年後だと思っています。

それで、カウンター高問題ですよ。
最初はすごく悩みました。
身長140センチ台の義母との同居だったし。
最初家を建てるかも、という話がでたとき、娘もまた身長が伸び悩んでいて。
80センチじゃないとイヤっていう姑はおいとくとしても(←おいとくんか)
娘にはしっかり使ってほしかったから。
ところが、土地選びに時間がかかっているうちに
娘の身長がにょきにょき伸び出して、いまや165センチ。
もしかすると、もっとあるかも。
キッチンを選ぶ時点でも160を超えていたから、
90センチにゴーサインが出せました。

それでも、五徳の上のフライパンは、最後まで気になりました。
実際使ってみてどうか、というと

いけますよ。大丈夫。
全国の165センチのみなさん、ガスコンロの上のフライパン、振れました。
まな板は最近薄いのもありますしね。
も、ほんと、快適。
ああ、150センチ台の人はこんな感じで80とか85のキッチンを使ってるのね。
違う世界を見た気がします。
90センチにしてほんとによかったです。

ただ、使い勝手や体型、大事にしてるものは十人十色。
安い買い物ではないので、絶対、ショールームで体験されますように。


【内覧】キッチンあれこれ

前回の記事のあとすぐアップする予定でしたが、
受験生がいて、本人はともかく保護責任者としてはいろいろ気ぜわしく
のびのびになってしまいました。
私立受験が終わり、ちょっと一息、あと1ヶ月で県立受験です。

1201キッチン家電コーナー

家電コーナーです。
キッチン背面収納は、奥から90幅の食器棚、そして90幅のカウンター+吊戸です。
ダイニングから見えるこのオレンジは、私のお気に入りポイント。
今回収納の扉は全てシークレットです。
(↑面倒で写真を撮ってないっていうウワサ)
開き戸のところには、全部耐震ラッチをとりつけてもらいました。
1か所あたり数百円だったような気がします。

家電コーナーには、ホームベーカリーとオーブンレンジ。
その下の抽斗はお弁当グッズとエプロン。
その下は開き戸にしてもらい、背の高い水筒と、ギリで1升瓶など。
食器棚の下半分は全部抽斗で、いまのところがらがらです。

HBの向こうにちらっとみえる赤いのは
HBから釜を取り出すときの、軍手です。
電子レンジとHBの間にあるのは、ナチュキチで買った500円のトレイ。
朝は、五月雨式に3人が出ていくし、
息子はご飯、娘とオットはパン、と、とにかくすべてがばらばら。
一人分ずつセットしてキッチンカウンターに並べます。
オットだけが、若干遅めにでるのでとりあえずトレイは2枚買いました。
せまいアパートのときは、壁つけキッチンで
振り向けばそこにダイニングテーブルでしたけど
今は、ダイニングテーブルもまだないので、リビングの炬燵まで
それなりの移動距離になるのです。

1201キッチンコンロ周り

次はガスレンジまわり。
コンロにのっているのは、宮崎製作所の炊飯鍋と
結婚祝いにもらったやかんですね。ステンレス大好きです。
調味料ケースの上には、我が家の定番、ローリングティシュ。
決してトイレットペーパーではありません。
袋から出して、キッチンの持ってくればローリングティシュです。
キッチンで、「これ」をトイレットペーパーと呼んだら私の鉄拳が飛びます。

ワークトップや、鍋、食器の油汚れなど
そのまま排水口に流したくないものは、これでふき取ります。
カレーや、てんぷら鍋のときには、ウェスを使います。
ウェスは、ぼろくなったTシャツやタオル、ネルのねまきなどを切り刻んだものです。
食器棚の抽斗にたっくさん入ってます。
着なくなったシャツは、我が家では私のミシンコーナーに積まれます。
ロータリーカッターでばしばし切り刻むためです。

キッチンタオルの隣にポットがふたつ。
長い方はお湯。短い方はコーヒーです。
どっちも、1000円くらいで買った保温効果もそれほどないやつ。
コーヒーのは、サーバーを割って買いに行ったらこっちの方が安かったという。
それでいて、若干でも保温してくれるならいいじゃないか!ってことで。
だいたいメジャースプーンで6杯ドリップしてます。
ここでも、目隠しとして大活躍なブラバンシアの保存缶。
ブレッドビン、ペダルビンとセットでした。
この保存缶の中には、ミニカップゼリーや、チョコ、キャンディなどが入ってます。

そういうわけで、私のキッチン周りはだいたい
安いか、もらったか、ステンレスか、でできています。
ききたいことなどないでしょうが、もしあったらお気軽にどうぞ。


ステンレス!

う~ん、カテに迷います。

ステンレスって、私、鉄と何かをまぜた合金だって言う認識はあったんですが
だからこそ、磁石がくっつくと思っていたんです。
実際、以前住んでいたおんぼろアパートのワークトップにはくっついてました。
先日も、紹介した「ステンレス」の炊飯鍋にもくっつきます。

で、SSのワークトップに何気なしに置いた磁石が
くっつかなかったから、びっくりしたんです。

えーーーー!!!もしかして、アタシ、詐欺にあったのぉーーー。

で、調べてみました。

そしたら、まぜる合金の種類と割合で、
磁石がつくステンレスとつかないステンレスがあるんですね。
ステンレスって18-0とか18-8とか表示がありますよね。
前の数字がクロムの配合割合、後ろの数字がニッケルの割合。
ニッケルが入ると、磁石につかないそうなんです。

で、SSは18-8ステンレス。
SUS304っていうステンレスのようです。

だまされているわけではなく、そういうステンレスには
磁石にくっつくものと、くっつかないものがあるっちゅう話でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。