スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洗面所とお風呂はセットにしないほうがよかった




携帯画像なので激しくみにくいですが、
我が家の水回りの間取りです。

上の方に左から風呂、洗面、トイレと並んでおります。
ちなみにトイレの隣はキッチンです。
下のオレンジでかこったところが、義両親のスペースです。
水回りに近い配置は悪くないなと、いうところ。

お風呂が家のどん詰まりです。
最初のころの記事で、
家族全員が使う水回りがどん詰まりなのが気に入らないって話は
したと思います。
この位置にしか洗面がないことは、絶対不便だと
強硬に主張して、1階の反対の端に簡単な流しをつけました。
それでも、それを主張したのは私一人で、
義両親からもオットからも無駄な設備だとかなり反対されたのです。
私は、朝の洗面ラッシュと来客の手洗いの対策として
この第2洗面を考えたのでした。

しかし、ここにきてオットが言いだしたのです。
「お風呂と洗面をセットにしたのは間違いだった」と。

一応、洗面の入り口にはカギをつけました。
娘のためです。
娘が入浴中に、息子や義両親の出入りを遠慮してもらうためのカギです。
それで、娘は守れますが、義両親が洗面を使いたくなった時には
不便を我慢してもらわないといけません。
家の反対の端の第2洗面を使ってもらえばいいわけですが
これから、弱って行くばかりの義両親には不便ですよね。

そこで、です。
洗面所から洗面台を出し、この水色の部分を脱衣所とすれば
中から鍵かけても、誰も不便にはならなかっただろうな、と。
洗面所の洗面台の手前、トイレと隣接する壁におくタンスを探したのですが、
タンスというのは奥行き40センチとだいたいきまっているらしく
この洗面所の開口では、タンスがおけないのです。
洗面台をはずせば、そこにタンスもおけます。

そして洗面台は、トイレの外にある、収納スペースに置くのです。
洗面台だけを使うのに鍵は必要ありません。
逆に、オープンスペースにあることで、
来客にとっても、使いやすくなるのではないか、っていう。
あるいは、トイレと洗面をセットにしたような
化粧室っていうプランもあったかな、という話になりました。
今となっては、ですが。

洗面所とお風呂が続きのこの間取りは
たぶんよくある間取りで、今住んでいるアパートもこうです。
そういう先入観にとらわれていたことと、
今までは別世帯で、価値観も生活時間帯も全然違う2家族が同居するということを
水回りは考えないといけないな、と今更ながらの反省点です。

いや、私はよくないって言ったんだけどね。
誰も聞いてくれなかったんだね。特にオットが。

オットに関しては、2階に水回りがないってことを
今頃になってものすごく心配し始めました。
そのことも、私は指摘したんだけどね、聞いてくれませんでしたね。
オットの寝室は、この水回りの真上なんです。
階段は、家の反対の端っこ。
遠いよ、洗面所まで。しーらないっと。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。