スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

るりこんギャザーワンピース

1009rurikon1.jpg
ひさしぶりに、正真正銘のソーイングです。

生地 RickRack ヨーロッパリネン 和 るりこん
型紙 chatter tailors ギャザーワンピース袖付き仕様
糸 シャッペスパン#60 356番色

とくに、アレンジなし。

あ、ポケット省略。
いちおう、きれいに着たいので・・・


すみません、正直にいいますと、めんどくさかった。

若い頃持っていた、ローラアシュレイのワンピースの生地によく似ていました。
セーラーカラーのレースの襟がついてまして、
数年前までつごう、15年ほど着ていたんですが、
袖が日焼けしてとてもみっともなくなってしまったので捨てました。

セーラーだしね・・・(-_-メ)

縫いやすいですよ。ごわごわもしてないし、厚みも程よい感じ。
でもやっぱり、繊維が粗いので(麻だからね)散らかります。
それは覚悟したほうがいいですわね。
裁断から縫製まで、すきまをあけずに、移動も控えて
ぱっぱと縫いあげることをおすすめします。

バスとショットは、こんな感じ。

1009rurikon2.jpg

ボタンをね、たくさんつけたんです。
仕様は5個ですが、間に、飾りボタンをつけまして合計9個です。
ボタンの柄が、表・裏とも捨てがたかったし、
たくさんボタンが付いてる服、好きなんです。

ボタン部分のアップです。
ボタンの柄がうまくでるといいんだけど、ムリかなあ。
1009rurikonbotan.jpg
スポンサーサイト

ありがとうございます。

2010.09.28 つれづれ
最初はイベントのお知らせ用に作ったブログを
サイトとして運用するようになったのが、2007年11月。

カウンターを真面目に設置したのが2008年3月。

本日、3万カウントを数えることができました。
いつもいつも、皆さんが飽きず遊んでくださってるおかげです。

カウントの多い少ないをどうこういうことは、野暮ってもんですが
こんな私のことを、待っててくれてる人がいるという証に
心の底から温まることももちろんあり。
やっぱり、回らないより回ってる方がうれしいことは確かです。

今日は、3万カウントにするために、
力ずくで(!?)回してくださった方もありました♪
私が、この前の記事でそそのかしたんですけどね。

30000のYUKKOさん♪
30001のlindaさん♪
30003をメールで申告してくれた大学時代の同級生Yちゃん♪
30005をとりあえず、主張してくださったヨムーバさん♪

しょぼーーーいものを送ります。
ほんとにしょぼいです、どうぞ、びっくりしてください。
それから、少々お時間くださいね。

連絡先を存じ上げないのは、YUKKOさん。メールフォームからどうぞお知らせください。

それから、
YUKKOさんと、ヨムーバさんは、
「袋もの」がいいか「台所用品」がいいかもお知らせください。

lindaさんには前回「袋もの」をプレゼントしましたので
今回は「台所用品」を無理やり送りつけることにします。

Yちゃんには、「袋もの」を送りつけるとするか・・・

ではでは、みなさま、ほんとにほんとに、ありがとう。
これからも、こんなアタシをどうぞよろしくお願いします。


き・り・ば・ん

2010.09.28 つれづれ
やっちゃおうかな、ひさびさ。

きりばん。
30000踏んだ方、しょぼしょぼプレゼントさしあげます。

ただ、通りすがりの方なんかもいらっしゃるでしょうから。
こうしましょう。

30000~30010までを踏んだ方、お知らせください。
申告下さった方の中で
一番若い番号の方から、そのときの状況で2~3名の方に
しょぼ~~いプレゼントさしあげまーす。
いらないって方は申告しないでください。
とりあえず、いただくわ、って方には連絡先をお聞きすることになります。
それはちょっとやだわ、って方も申告しないでくださいね。
よろしくおねがいしまーす。 

あ、故意にカウンタをぐるぐる回すのは、おっけーです。

しばらくの間、この記事をトップにしておきます。

今日の買いもの

2010.09.28 つれづれ
暑さ寒さも彼岸まで・・・
ちょうど彼岸の中日に降った雨がいきなり秋を、無理やりに連れてきました。
それでも、福岡は25度とか27度とか、少年は半袖で通学ですが。

秋の声が聞こえてくると、ブーツ欲しくなりますよねえ。
だいたい、学校か生協かジャスコにしか行かないので
靴に色気はいらないわけです。
おばさん疲れやすいから、歩きやすさが最優先。
それから、手入れの簡単さと、それらの機能に対する値ごろ感。

ショートブーツはOLのころ買った細めのしかなくて。
まあまあの値段したし、冬しかはかないからまだ十分きれいにしてるんです。
だけど、ジーンズにこれをはくと一気に気取った雰囲気になり
洋服から着替えないといけなくなります。
この数年、洋服は今のまま(ユニクロ、ライトオンなど)で
はけるショートブーツを買いたいなあ、と思ってました。
でも、この年でフェイクもなんだかだし。
だからといって、いいのは高すぎて買えないし。
いわゆるエンジニアブーツとかトレッキングブーツとか、
そういうの物色しましたけど、ちょうどいいのがない。

で、検索しているうちに「トレッキングブーツ」に
いわゆるモノホンのトレッキングシューズがひっかかりました。
登山靴ですよ、ほんとの。
多少重量はあるものの、長歩きするために作られた靴ですよ。
しかも、悪路専門に。多少の雨、雪ははじく素材でできてますしね。
ここからは、カテゴリをアウトドアに変更しての検索です。

で、買っちゃった♪
Colombiaのウィメンズマドルガピークオムニテック/YL6176
高級品ではないです、むしろ、安い部類のものだけど、
中途半端な合皮のなんちゃってトレッキングブーツよりは絶対歩きやすいはず。
近所のスポーツ専門店で試着もしてまいりました。
街履きに、って買う人も、結構いるみたいです。
ね、ね、かわいくない?これに、ジーンズの裾折り曲げてはくの。
膝から上は妄想しないでね、なんたって43歳だから。
最近ムスメの靴のサイズも同じくらいになってきたから、
これはきっともやいで使えます。

うふ、明日届くの。
しばらく、ブーツってほど寒くもないからはくのは先だろうけど、
寒くなるのが楽しみ、っていうのもいいかも、っていう秋の買いものでした。

糸島クラフトフェス

2010.09.25 おでかけ
24日(金)、糸島クラフトフェスに行ってまいりました。
去年初めて行ってみて、子どもたちのこっぷでお金がなくなったので
今回はなるべく自分のものを、と思ってでかけました。

買ったのは。


DURAM FACTORYキーカバーのグリーン

Studio TARN の木製のホイッスル、平和の文字をデザインしたもの。

こゆうデザインのステッカー、子どもたちに。

そして、研窯のビアグラス。
1009beer.jpg

今年もとっても楽しかったです。
ただ、涼しくなったし、襟のある服を着てるからと、ちょっと油断しまして。
首がものすごく痒いです、紫外線アレルギーが出ちまったかな。

柘榴

2010.09.24 携帯から

帰りのバスを待ってます。
頭上には柘榴と青い空。

ひこうき雲

2010.09.21 携帯から

ちゃんとうつるかな。

白いシャツがどうしても買えなかった

2010.09.21 つれづれ
近所のショッピングモールにある無印良品でですね、
かわいいシャツを見つけたんですよ。ちょっと前。

襟の形も、オフな白も、細いカフスも、
何もかもが大好き、そして2580円という値段までもが大好き。

でも、待てよ、ちょっと考えよう。
そのうち割引になるかもしれないし。
少し冷静に考えてから決めても遅くない。

そして、やってきたのですよ、メルマガが。
10%オフ、
そして、毎月20日は、このショッピングモールのクレジットカードを使えば
さらに、引き落としのときに5%オフ。
よし、買うよ~って意気揚々と出かけました。
たった1枚ですが、Lサイズも残っていました。

・・・やっぱりかわいいっ。よかった、待ったかいがあった。
これ着て、ランチ行くでしょ、るんるん、って鏡の前で胸に当てながら妄想・・


(・。・;

いかん。

カレー?いかんいかん。

スパゲティ?いかんいかん。

酢豚?いかんいかん。

とんこつ?だめだめ。

(ToT)

アタシの好物がひとつも食えん!!

で、結局、買ったのはピンタックのベージュのブラウス
アタシ、何しに行ったの?と思わないでもないけど。
これはこれで気に入って買ったんだけど、
やっぱり、初志を貫くべきだったのかと、まだぐずぐずしてます。

何より、
無印でぐずぐず迷っていたのが20分ほど。
その20分さえなければ、
さっと、予定通りの買いものだけをしていれば

突然の土砂降りで、布団をずぶぬれにせずにすんだのよ。

なぜ降るのよ、午前11時ににわか雨。
夜勤前で寝ていたオットも
125センチしかないうえに、DSやってるときにはまわりが見えないムスコも
あてにできないし、責めるわけにもいかない。

アタシがさっさと白いシャツを買っていれば・・・
そうなると、ますますベージュを買ったことが悔やまれる。
いや、気に入ってるんですけどね。

それに、うちの布団は化繊なんで午後から余裕で乾きましたけどね。
シーツとカバーは全部洗濯・乾燥・アイロンがけですよ、汗だくで。

明日は、布団本体の洗濯をします orz

クラリネットバッグ



3年生が引退して、楽器の移動があったようです。
えっと、担当楽器が変わるのではなくて
3年生が使ってたいい楽器をもらえた、というようなことです。

楽器はいいのになったらしいのですが、
ハードケースの外側の手提げがついたソフトケースがぼろぼろで
今にも手提げがちぎれそうで、提げられないんだそうです。

おやすい御用でしょう。

何をどう入れるか聞き取りをして寸法を決め
さらにディテールのリクエストを。
たとえば、内ポケットには、リードケース入れとペン挿しを、とか
ナスカンをつけて、とか。
マグホックをつけて、とか。
ナスカンやマグホックを言いだすあたり門前の小僧はなんとやら、ですが
それくらいの副資材はミシンまわりにいっくらでも転がっています。

表地は麻デニム。
裏地はムスメの布コレクションからスージーズーのブロード。
表に貼り付けたアップリケもスージーズーのキャラクタらしい。

1009clabag-in.jpg

あけるとこんな感じ。
少し深さをとっているのは、楽譜入れのファイルを入れられるようにするため。
ちょっとした移動のときに、楽譜やチューナーなどの小物を一度に運べます。

ちなみに、誰も参考にはしないでしょうがサイズを書いておきます。
私の覚書ってことで。

口幅 47センチ
高さ 27センチ
マチ 12センチ
底幅 35センチ
持ち手 50センチ2本 テープ間 13センチ テープ幅 2センチ
脇縫いしろ 15ミリ
口見返し 3センチ+1センチ
  

服は着るもの。

なんか縫いたい、縫わなくちゃ、ってどういうんでしょうね。

服の目的は本来「着るもの」。
それが、バブルのころは「買うもの」で。
今は「縫うもの」っていう目的がかなり大きいかも。

目的が「買う」だったころは、買ったところで満足しちゃうってことが
よくありました。
買うことに意義があった。
ムスコの言語でいうところの「ゲットする」ですね。
ポケモンといっしょかもしれなかったです。少々高価ですが。

今は「縫うこと」が目的になってます、完全に。
で、縫いあがったところで満足してしまうんですよね、たいして着なかったり。
何より、似合わなかったり。
着心地はある程度吟味してパターンを選ぶので
着心地が悪いってことは、あんまりないんだけど
縫ってしまうと、自分の中ではある程度「服」の目的が完結してしまう。

あれか、キャッチアンドリリース。
釣りの本来の目的は、食べるためのものであったろうけど、
バス釣りの人なんかは「ひき」の感触を楽しむためにやってるらしい。
食べて食べれないことはないらしいけど(スズキの仲間なので)
バスを、食べるために釣る人はあんまりいませんよね。
っていうスタイルの釣りを、食べるために釣ってる人はどう思うかってことですよ。

ん?ちょっと違う?

「着る」「着こなす」「着まわす」ことのできる服を縫うことに
すこーし、ステージアップしていきたいって思っています、最近。
そうすると、数、ではないですよ、少なくとも。
それでも、腕が、騒ぐんですよ、何か縫いたい。
とにかくミシンで、何かを縫いたいって。
食べることにシフトしたいけど、「ひき」にも興奮していたいってとこかな。

さらにね、このことを複雑にしているのが
「布好き」ってことです。
縫うことも好きだけど、同じくらい、布を並べて置いとくのが好き。
布を広げて、妄想する。裁断前の想像は無限ですものね。
裁断して、縫ってしまうと、無限の妄想は終わってしまう。
買った以上は切って縫うのが礼儀ではなかろうか、と思うけど
無限に広がる妄想を、終わりにしてしまいたくない、という葛藤。

えーい、めんどくさい、ですか。

ですよね。

ほっといていただいて結構です。

RickRackの売り出しで、ヨーロッパリネン和のるりこん、買いました。
カード払いができるようになったんで早いですね、届くのが。
今朝届いてもう水通ししました。
これは、もう決めてます。
chatter taiorsのギャザーワンピース縫います。長袖。
イメージ、きっちり固めて用尺分買いました。
ただ、色がちょっと微妙なので糸が手持ちではだめそうです。
気が変わらないうちに、糸を買いに行かなくちゃ。なるべくぱっぱと進めます。
そして、着ます。着て着て、着倒します。
リネンなんで、がんがん着てがんがん洗ってシャビーになっていくのを楽しみたいと思います。

縫うよぉ~~!!

表彰式(親ばか画像追加)

2010.09.11 携帯から

博多湾が見えるビルに来ています。
息子の絵の表彰式。
本人は今頃トレッキング中。

以下、親ばか全開につきたたみます。

上善如水

2010.09.09 つれづれ
酒の話ではありません。

ひょんなことから見つけたZ会講師の方のブログです。
くさい説教や知ったかぶりは嫌いですが
この先生のブログは、なるほど、と思わされることがよくあります。

何度も、読み聞かせボランティアの意味について
自分の考えたことを書いてみたことがありますが、
何かもうひとつ、ピンとこない部分がありました。
自分で表現しながら、表現しきれていなかったところ。

そこのところを、書いてくださっています。

金は天下の回りものといいますが、
カネだけではなくて自分が豊かに持っているものを
どんどん流通させれば社会はよくなるのだと。
それは微笑みひとつでもいいのだと。
私は読み聞かせたくさんのものを得た、その得たものを流通させたいんだなあと
ひとつ、すっきりしました。

長野先生の幸せに生きるヒント

そして四国それから福岡

2010.09.07 おでかけ
ドルフィンセンターから松山まではおよそ3時間の道程。
香川県は狭いといっても、横断するとなると
それなりの時間はかかるんですね、当然。

ま、たいして書くこともありません、ずーーーっと高速です。

松山市内にはいって、少々渋滞にひっかかりましたが
道後温泉にはすんなり到着しました。
ぎりぎり暗くなる前に着いたので、建物の様子を見ることができました。
まえもってマメ知識を入れてたわけではないけど
一目見て、ムスメが「わあ、千と千尋のお風呂みたい」って。

しかし、それでもいわゆる銭湯なんですね。一人400円で入れます。
休憩室を使い、お茶をいただくコースになるとお高いですけど。
フェリーまであまり時間もないことですし、400円で。
その400円には、文化財保護のための費用も含まれています。
タオルは持参しましたけれど、シャンプーやせっけんなどは買いました。
細かく覚えてませんが、40円とか50円とかです。
石鹸はミカンの香りです。
お湯は熱めです。脱衣所にあるドライヤーは3分10円。
ムスメと二人でざっくり乾かすにはちょうどでした。

なぜだか、女の子チームが早くて、入口の自販機でポンジュースを飲みました。
男の子チームが出てくるのを待って、
さらにムスコがポンジュースを飲むのを待ってすぐお向かいに一六タルトを買いに。

タルトとは言っても、カステラに餡のせをのの字に巻いたお菓子です。
生地からはほんのりゆずの香りがします。
それから、数軒土産物屋をひやかして車に戻りました。
夕食を悠長にとっている時間はありません。
そこは、ほれ、食にこだわりのない我が家のことですので
松山港に向かう道で見つけた吉野家です。
隣のコンビニにも寄って、船の中でのむお茶とか、
「何かの時のため」の菓子パンとかを買いました。

松山港に着いたのは、出港1時間前の午後9時ですが、
すでに長い車の列ができていました。
すぐに車検証とダウンロードしてきた乗船名簿とムスメの生徒手帳を持って
乗船手続きに走ります。
事務所の中では、みなさん、一生懸命名簿に記入しておられましたけど
わたしは窓口に直行です。
繁忙期ではありますが、それでもムスメは生徒手帳でいくらか割引してもらえました。

車に戻るとすでに乗船が始まっており、隣の列はじゃんじゃん流れていました。
間もなく、うちの車も船の中へ。
ナビは、松山の海に浮いた状態でエンジンオフ。
最低限の荷物を抱え、船室へ。
船室は20人ずつくらいに区切られていて、乗船手続きの時にすでに
どの布団に寝るのかが名簿に印字されていました。
船の中には、売店、洗面、トイレはもちろん、お風呂もあるんですね。
早めに来て、とか、小倉に着いたあと、とか使うことができるみたいです。
眠りにうるさいムスメは、最初なんだかんだ言ってましたが
やはり疲れていたのか、それなりに眠ったようです。
10時に出港、11時に消灯、翌朝4時に明りがつき、5時小倉に着きました。

わたしとオットは4時半前には目が覚めて、
一通り身支度などできてから、ムスメとさかさまに寝ているムスコを起こしました。

小倉はまだ、夜明け前の薄闇の中。
小倉の街も静かです。
北九州都市高速に乗って、南へ。

こうして、我が家の夏の旅行が終わりました。





そ、わたし以外はね。

着いた途端、昼過ぎまで爆睡のオットを尻目に
3日分の洗濯。
それを回しながら、出発前に干していった洗濯ものを片づけて。
旅行鞄を空にして干したり、夜のために食料品買いに行ったり。

そして、洗ったものは干さないといけない。
干したものは取り込んでたたまないといけない。

洗濯ものが片付くまでが遠足ですよ。

そして四国その2

2010.09.05 おでかけ
1008oonaruto.jpg
宿の窓から見た大鳴門橋です。夕暮れがきれい。
みんみんゼミが鳴いていました。
ミンミンゼミという名称は知っているものの、
で、聞いてみればみーんみんみん、とセミの声であることは判断がつくものの、
自宅の近辺で聞いたことがないなあ、と思っていたら
オットが、山にしかいない、姿も見たことがない、と言いました。
その後は、ダウンでしたけどね。




渦の道はですね、大鳴門橋(鳴門海峡にかかる高速道路)の下に作られた歩道で、
100メートルおきにのぞき窓があるんです。
強化ガラスか、強化プラスチックか知りませんけど、
ムスコは、いちいち、その窓の上を歩き、
そのうえに、乗るたびに、「ママ~」って呼びかける。
もうお尻から寒気がぞぞ~っと背筋を駆け上がります。
片道450M、おそるおそる、手すりにつかまったまま歩きました。
ちゃんと壁はあるので、風が怖いってことはなかったけど
でも、怖かった。
顔だしパネルも置いてありました(笑)

チェックアウトして、一路さぬき市へ。

さぬき市では、子どもたちのお楽しみのひとつ、ドルフィンセンター

1008dolphin.jpg

体験プログラムは、あらかじめ予約(入金をもって予約となる)が必要です。
水着は持参しますが、ウエットスーツやらひれやらは全部借りました。
そこまで含めて、予約しておきます。
ムスメはがっつり泳ぐのは嫌だというので、腰くらいまでのところで
いるかと遊ぶコースに予約しました。
いるかに命令をする手振りを習ったり、えさやりをしたりです。

1008dolphinswim.jpg

ムスコはウエットスーツを借りて泳ぎました。
上の画像の右端の赤いラインのスーツが、インストラクタの方で、
そのすぐ左のちんまいのがムスコです。
といっても、海水に慣れておらず、辛いのがどうしても嫌だったみたいで
プールでなら、何不自由なく泳げるのに(クロールのみ)
常にインストラクタのお兄さんにつかまっていました。
後半はラッコ泳ぎ(バックで顔を起こした泳ぎ方)ができるようになってきまして。
何度かトライしてましたが、なんだかそのたびに、背中でいるかと衝突してました。
でも、とても楽しかったみたいです。
ムスコに旅行の印象を聞くと、神戸のホテルの部屋といるかと泳いだことが
一番のようでした。

して、このように子どもたちがいるかと戯れている間・・・
大人は見学です。場所は海ですから。
ただでさえ暑いのに、直射日光、潮、でべたべた、ひりひり。
意外とドルフィンスイムに参加したほうがよかったのかもしれません。

さて、このあとは、ひたすら高速で松山を目指します。
この、疲れた、べたべたの体を洗い流すのです、道後温泉で!!




そして四国その1

2010.09.04 おでかけ
まだやってんの。

すいません、だらだらやってます。
最初の計画編で今回の旅行の私のおもな目的が神戸であることは書きました。
神戸を脱出してからは、はっきり言って、わたし的にはオマケです。




神戸市内から、明石海峡大橋まではそんなにかかりません。
拍子抜けするくらいすぐに淡路島には上陸しました。
(すみませんね、アバウトで)
やっぱり海峡の景色というのは独特ですね。
福岡県人としては、関門海峡はまあなじみですが、
みます?関門橋
ほほー、関門橋の長さが1068メートルであるのに対して、明石海峡大橋は3911メートル。
およそ4倍ですね。
走りながら、長いねー、長いねーとオットと何度もいいました。
ああ、そうですか、世界一最長の吊り橋ですか。どうりで長いと・・・。
つか、行く前に調べないのかね。

あ、こういう、ポイントの写真ないんですよ。
なんでだと思います?

オットがね。
動画で撮りたがるんです。
アタシは嫌いなんですよね。
なんでもかんでも、記念だ、記録だっていって録画しながら旅行するのは。
でも、運転を一任している以上、多少はオットのわがままも聞かなきゃなりません。
ですから、いよいよ、橋に近づいてきたよ、ってところから
アタシは、ハンディカムを抱え、ずっと録画です。
写真、撮れません。
うちの高級ハンディカムはもちろん静止画も撮れますけど
普段、いろいろ任されるのがいやなので、なるべく慣れてないことにしたくて
触らないようにしているので、静止画の撮り方、覚えられないんです。
いらないことをして、動画がとまってしまうと、オット、拗ねますし。

そんなこんなで、淡路島上陸で、淡路サービスエリアで休憩です。
オットの頭痛はかなりなものになってきたようです。
小一時間寝てました。
「ねえ、そんな調子で鳴門でうどん食べに行けるの?ここで何か弁当でも買っちゃおうか?」
って聞いてみたけど、いや、大丈夫、というので何も買わずに出発しました。

オットと子どもたちは、「四国でうどんを食べる」ということを
異常に楽しみにしていました。
そのため、鳴門宿泊の夜は、うどんやに行くから、宿で食べる必要はないのだ、と
朝食のみのコースを予約していたのです。
淡路島をどんどんと縦断していきました。
途中、ま、高速なんで「あれ?」って言ってる間に通過してしまったんですけど
標準時を示すポイントがありましたね。

で、まあ、着きましたよ、大鳴門橋を渡って、宿に。
ああもう、聞きしに勝る「ほかには何もない」宿でした。
鳴門海峡を一望できる鳴門公園のすぐ下です。
鳴門公園には、数軒の昭和なお土産物屋さんがありましたが、
高速を降りてから、この鳴門公園まで店らしい店、コンビニすらありません。
ホテルの案内に、「近くに店はありません」って書いてあるけど
半分脅しだろう、って思ってました。ごめんなさい、ものすごおく、本当でした。
泊まったのは旅館公園水野です。

神戸のホテルと違って、家族経営の零細企業ってことは一目瞭然。
もちろん、荷物も自分たちで運び込みます。
エレベーターで案内されたんですが、降りるとき、案内してくれたおばあちゃんが
エレベーター内の換気扇のスイッチをオフってました
そして、さっさと部屋に向かうんですよね、わたしたち荷物抱えてますんで
ゆっくり降りようとしたらドアがしまりかけて、あわあわ、です。
普通、「開」ボタン押さえててくれるでしょ。まあ、笑える範囲です。
ざ・鄙びた旅館です。
部屋に着いた途端、オット、ダウンです。

一応、パンフレットみながらうどん屋さんを検討してたんです。
そしたら、水曜休み、とか、昼だけの営業とかのお店が思いのほか多くて
その時点で行けそうな店は1軒だけ、しかし、運転手ダウン。
子ども達はおなかすいてくるし、夜の食事は出ないし、正直途方にくれました。
何かのときに、っていうか、おいてても腐るからっていうんで
家にあった菓子パンを3個持ってきていたんです。
我が家は全員小食なので、それで子どもたちも満足しました。
ムスメは見たかったテレビを見れたし、ムスコはさっそくDS。
せまい部屋風呂にお湯をはって、ムスメとわたしはそれですませました。
ムスコが9時になって、部屋風呂にはいろうと風呂場に向かった瞬間、
「ちょっと待った!」と、オットがむくり。
「だいぶ、よくなった気がする。ユウ、大きいお風呂に行こう」と
大浴場に連れて行ってくれました。
ムスコは大きいお風呂が大好きなのです。

オットも残っていた菓子パンや、お菓子を食べ、波乱の一日が終わりました。
デリケートなムスメは、「神戸のホテルがよかったよぉ~」と半泣き。
ムスコは、布団に入ればいつも秒殺。
神戸でも、鳴門でも、それは全然変わりません。得な性格です。

翌朝、24時間ぶりのまともな食事。
ご飯とみそ汁があるだけでも文句はいいませんよ。
それから、渦潮見物にでかけました。
この日の干潮時刻は午前7時50分。
干潮と満潮の前後1時間半くらいが、渦潮タイムです。8時すぎに歩いて旅館をでて
渦の道に向かいました。徒歩およそ3分です。

はぴばーすでー

2010.09.02 つれづれ
お誕生日、ありがとうございます。
今年も楽しかった。
ブログにも、ツイッターにも、ケータイにも
いろんな方からメッセージが。

今日は、オットの帰りが思ったより遅く、8時過ぎになったけど
それから近くのディナービュッフェのお店に行ってきました。
ちょっと贅沢かな、とも思ったけど
子どもたちが思いのほか喜んでくれたのでよかった。
今、家族が寝静まってスーパードライで一人乾杯です。

神戸旅行のことを、だらだらと書き続けていますが、
今回はほんとに純粋に旅行を楽しめてるなあ、と
神戸を歩いているときにずっと思っていました。
なんでかなあ・・

子どもたちに手がかからないんです。
ずっと抱っこして、すきを見つけては
おむつ替えたり授乳したりしながらの旅行のころは
はっきり言って、苦痛なこともありました。
自分で歩くようになればなったで、気苦労も増えて。
自分が見たい観光地を見るためには、何かを犠牲にしなければならなくて
だったら、もういいや、っていう不完全燃焼で終わったり。
それが今回はありませんでした。
今は、母が楽しみたい時間、ということを子どもたちも理解して
私が気が済むのを待っていてくれるし
その間、心配するようなオイタをすることもないし
そのうえムスコにいたっては、すっと寄ってきて
「ママ、ひとつ持とうか」って荷物を持ってくれる。

今日、夜、でかけるときも
玄関に用意していた生ごみの袋を、自然に抱えて階段を降りて行きました。

かあちゃん、カンゲキ。

こんな風に楽しめる家族旅行があと何回できるのかな。



マイナーチェンジ

2010.09.01 つれづれ
ブログのある部分をマイナーにチェンジしてます。
さて、どこでしょう。

気付いても、賞品はありませーん。

そして神戸その5

2010.09.01 おでかけ
ほんとは1日1記事のつもりだったんですけど、
無駄話が多いのかな、あしかけ4日の旅行でもう、その5。
しかも、旅程のやっと半分。とりあえず、今日の目標は神戸脱出。
昨日の記事でスタバにリンク貼ってますけど
クリックされた方がどうもいらっしゃらない。
異人館通り仕様のスタバです。よかったらご覧下さいまし。




昼は、南京町で中華のつもりだったんだけど、朝たくさん食べたし
スタバのフラぺチーノで人心地つき、
さらに暑さで食欲もそがれていたので、中華は入らないかな、
っていう流れになりつつありました。
スタバを出て向かったのは、CHECK&STRIPE です。
これが、失敗。
住所と電話番号は控えてきてたし、地番表示でなんとかなるやろ、と
地図とかは見てこなかったんです。
最悪、電話して尋ねようと。
で、住所が山本通りとなっているので
地図の「山本通り」を目指して歩いたけど、ない。
通りに面してない部分もあるやろ、と次のブロックも見たけどない。
15分ほどうろうろして、もうだめだと電話してみたけど話し中。
このあとさらに20分くらい(←たぶんですが)かけ続けたけど
ずーーーーーーーっと話し中。
家族を道ずれに、炎天下歩き続けるのも忍びないので、
私だけが歩きまわり、見つけたところで連絡を取り合うことにしました。

その後まもなく見つかり、至福のとき。
店に入ってみたら電話している人などおらず。
あれはなんだったの?暑気あたりの白昼夢?と思ったけど
まあ、見つかったんだからいいやってことにしました。
クーラーもきいてて、もう、ここにずっといたいわあ、なんて
幸せ気分になっていたら、残念なムスメが。
「ママー、これ買って~♪」と、キティ柄のリバティを。
いいなあ、リバティがいくらか知らない人は無邪気で。
そして、リバティの価値をしらないオットが「買ってやればいいじゃん」って。
きーみーたーちー。
アタシがいくら布道楽だからといって、リバティは、ことリバティは
その場の思いつきで買ったりしないのよ。
だいたいいくらすると思ってんのよお!!(←ようはソコ。)
と、値札を見せてやる。じゃ、こっちのカットクロスだけでも。
50×50のカットクロスが787円。
この売り方はネットではないので、お店ならでは。
でもでもでもでも、50×50の生地で何作るのさ、ハンカチのサイズだよ。
「じゃ、ハンカチ作って♪」
どこまでも残念だよ、キミ。
リバティのハンカチだと、ふざけるな。
しかし、まあ、実をいうとアタシもほしかった。
せっかく来たんだし、妙な土産物買うよりはましか、と買ってしまった。
しかも、ムスメは、「妙な土産物」も山ほど買ってるし。
あとは、8月予約で迷いに迷ってやめたオリジナルリバーシブルツイルのグレープ。
予想通り、2枚の生地の接結がかなりまばらで縫いにくそうだったけど
ムスメだけが好きな生地を見つけて、ほくほくしてるのもむかつくし。
生地自体は好きなので買っちゃいました、2M。
それからタグをいろいろと。

レジのおねいさんに、三宮まで歩いてどれくらいか尋ねると、10分くらいだと。
ループバスでぐるっと回って来ていたので距離感がいまいちわからなかったけど
そんなに近いのねって、ことで、ホテルに帰るシャトルバスを歩いて目指しました。
この頃から、オットが「なんか頭が痛い」って言いだしていました。
シャトルバスでホテルに着き、荷物をクロークで受け取り、
いざ、淡路島―鳴門目指して出発です。
実は、ホテルの隣にはIKEAがあり、ちょっとのぞいてみるつもりだったんですけど
C&Sで時間くっちゃったし、
オットが頭が痛いから、できれば行きたくないっていいだすのでやめにしました。

淡路島経由で鳴門へ、2時間ちょっとのようです。いざ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。