スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4回打ち合わせの補足

設計のSさんから補足の話がありました。

補足、というか、今回これが大事な話だったかも。

「地震の影響がでます。
 着工のタイミングから言って、そう大きく影響しないとは
 思われますが、ゼロとはいいきれません。
 逐一連絡をとりあって、最善の策を考えましょう」

まずは、仮設住宅を作るための材料が不足するでしょうと。
ただ、それは合板のはずで、
M工房で家を建てる以上、合板はほとんど全く使いません。

それから、被災地に主力工場や営業ルートがある会社の製品は
使えないでしょう。ということでした。




スポンサーサイト

第4回打ち合わせ

・・・小腹が減ったけど、なんにも無いわ(´・ω・`)ショボーン

3月10日の第3回打ち合わせの、レポを11日の昼にアップして
もうひとつ大きな変更点、続きは後ほど、
って書いたっきりになってしまいました。

自粛していたわけではありません。
地震のことについて、書きたいことがあった、っていうのと
金額的に膨らんでいるので
ユーティリティルーム、取り消しの危機を感じていたせいです。

今のところ、オットが部屋の数は減らさないで
金額を減らす工夫を考えようという方針でいてくれるので
とりあえず、その宿題をこなします。

待って、じゃあ、第4回の打ち合わせでは何を話したの?

営業さんが来なかったんですよ。
別のお客様との最終点検が長引いたとかで。
まあ、しょうがないです。
そういうわけで、設計士さんはお金のこと(ローン)はノータッチなので
ローンの金額がいくらになるにしろ、必要なことを決めましょう。と。
で、サッシ、建具の基本方針決めを。

アルミサッシ、アルミ樹脂複合サッシ、樹脂サッシ。
アルミは金属なので、熱伝導率がよい。→冬場は結露しやすい。値段も安い。
複合→家の中は樹脂。結露しにくい。値段はちょっと高くなる。
樹脂→日当たりがよすぎる場所では劣化が気になるかも。 
   アメリカからの輸入物につき、形状、色に制限あり。→ムリ。
ってことで、アルミ樹脂複合メインで。
場所によっては、アルミ製でもいいんじゃないか。

ガラスは防犯ガラス。ハンマーで10分叩いても割れないとか。

義両親の寝室は1階なので、ルーバー雨戸が欲しい。

建具について。
取り扱いは、国産のユダ木工アメリカ製の輸入物
節があって、うちが床材に使う木材に雰囲気が似るのはユダ木工のもの。
値段に大差はないので、では、ユダ木工製で。

さて、第3回打ち合わせの続き。
1階の間取りはざっくりいうと。
南面東から:義両親の部屋・リビング・階段、玄関、ユーティリティ
(ユーティリティは階段~中2階の下を利用)
北面東から:水回り・小上がり和室(兼仏間)・ダイニング・キッチン
というふうに並んでいました。

このプランのいいところは、玄関はいって正面にユーティリティ、
そこを通り抜けたところにキッチンがあるところです。
しかーし、他の水回りとの距離が遠い。
キッチンに立つと、リビングは左手にきれいに見渡せるけど
正面には、普段は障子を閉めきった、小上がり和室がどーん。
これが引っかかっていました。
しかも、洗面、トイレはその向こう側。
もちろん、いちばん気になるのは主寝室から階段が遠いことだけど
そこはもう忘れてあげることにして、
1階での動線をなんとかできないか考えてみることにしました。

そこで、Nちゃんの案です。
Nちゃんは、やはりキッチンにたったときの正面に
障子の塊があるのが気になると、私と同じことをいいました。
それから、できれば、せっかくのユーティリティルームを
なんとかもう少し広げることができないか、を一生懸命考えてくれました。
そして、
小上がり和室とキッチンの場所を入れ替えたらどうだろう、と。

キッチンは、トイレと背中合わせ。水回りが1箇所に集中できました。
キッチンから回りこんだ位置にあった階段のぼり口が見えるようになりました。
そして、この家のお気に入りポイントのひとつ中2階も見えるはずです。
キッチンと水回りを、物理的にも精神的にも遠ざけていた和室は家の角。
どうせ、客間なんです。端っこで十分。
仏壇の上はムスメの机。
踏んだらいけないっていわれているらしいけど
義父が、「机ならよかろう」ということで2階との関係も大丈夫。

唯一の欠点は、せっかくの玄関~ユーティリティルーム~キッチンの動線が
なくなってしまったこと。
これは実にもったいない、つか、この動線が気に入るあまりに
私にはキッチン和室入れ替え作戦が思いつかなかったんだと思います。
しかし、その欠点を補って余りある副産物が生まれたのです。

前回のプランではユーティリティルームの出口がキッチンだったけど
今回和室になったせいで、壁を作ることができ、
キッチンからリビングへの通路でしかなかった部分が
仕切られたスペースとして利用出来るようになりました。
1畳は大きいよね。
私はまるっきり収納にすることを考えていましたが
設計のSさんは、「いやいや、いいでしょう、ユーティリティルーム3畳で」と。
収納にするかどうかは、部屋の中のことで、私が決めればいい、と。
最大3畳使えるようにしておきましょう、という線を引いてくれました。
Sさんは、オットの書斎のときもそうだったけど、
こういう、趣味の部屋をものすごく大事に考えてくれます。

義両親が、古い家具の置き場所をめぐって、ああでもないこうでもない、って
言っているのを
「全部必要ですか?家は人間のものです。家具に振り回されたら勿体無い」
と、説得してくれたり
仏壇のある場所の2階は、足でふんではいけないという因習も
「生きている人がすみにくくなってまで、仏壇の場所にこだわりますか」と。

でも、ユーティリティいりますか?書斎無駄ではありませんか?とは
絶対言わないでいてくれました。
義両親は相当攻撃してきましたけどね。守ってくれました。
家に住むことを楽しむためのことを、大切にしてくれています。

3畳に広げたあとは、マルチシンクの使い道について
無駄な水栓と義母には攻撃されましたけど
朝のラッシュ時には、ムスメはここで身支度させたい、
絶対オットと時間がだぶるし、
これからもっとおしゃれに時間がかかるようになる
もちろん、私の身支度も家事をしながら、ここでできたらいい、
というようなことを話すと
じゃあ、簡単な収納と鏡もつけるようにしましょう、と
書きこんでくれました。

ひとつの動線は失ったけど、収納スペースは確保できたし、
第2の洗面もなんとかなりそう。
そして、水回りが集中したことで、私は気づかなかったけど
お湯が出るまでの時間のタイムロスが最低限におさえられるらしい。
給湯機器から、遠いほど、当然時間がかかるから
前回のプランのようにお風呂とキッチンが家の端と端に離れていれば
効率が悪いんですね。
図らずも、そのことも、解消されることになりました。
Nちゃん、ヽ(^o^)丿ばんざい♪

分数

2011.03.15 つれづれ
私は中学、高校と吹奏楽部に所属しておりまして
165センチの立端に金色のアルトサックス、
刈り上げたショートカットに、女子ファンもつくほどでした。
なんつって。

さて、高校のときの指導の先生がよく言っていたこと。
「お前たちは50人いる。
 50分の1だからといって、役割が軽くなるわけではない。
 吹奏楽の50分の1は、1を50に分けるんじゃない。
 器が50倍になるのだ。1の絶対的な大きさは変わらない」
(意訳しています)









書き出しはネガティブなことを書くつもりでした。
けど、やめた。


1億3000万分の1だけど、1の絶対的な存在感で
いろんなことを見極めて
判断して行動するときだ、と
明確に自覚しておこう、というポジティブ決意表明記事にします。

さて、内職内職。
募金を1回したくらいで、いい気になってたらいかーん。
地域のソーインガーのみなさんの消費意欲をかきたてる服を縫うのだ。


 

21740円(長文です・・)

2011.03.13 つれづれ
私が地震の第1報を知ったのはツイッターでした。
関東以東、以北に住む人から「揺れた」「強い地震」というような
つぶやきが聞こえました。
「こわいよー」とつぶやく人も。

テレビをつけなければ、夜のニュース(特番)まで知らなかったであろうことを
わりと早い段階で知りました。
そして、どんどんツイッターからは情報が流れてきます。
大きいものから小さいものまで。
個人的なものから、国の動きまで。
都内の帰宅難民に向けて、休憩所を提供している施設情報。
自分は、小児科医です。何か相談にのれることがあれば、という申し出。
ファンやフォロワーが多い著名の画家さんが
「停電してるけど、自分は大丈夫だよ」とつぶやいてくれたら
ほんとに安堵しました。

外国人被災者のための翻訳サイト、
「大丈夫ですか?」と尋ねる手話、
誰にでもできることが、なにかある、と希望が見えました。

日曜朝は、仮面ライダーが放送されるそうですが、今日は中止です。
小さい子供は「いつもと同じ」ということがとても大事です。
そしたら、仮面ライダーもつぶやいていました。

[ディケイドから子供たちへ]
明日のオーズのTVを楽しみにしている君たちには悪いが、
オーズは明日TVに出られないかもしれない。
俺達仮面ライダー全員で災害を食い止めようと戦っているからだ。
だから、君たちもガッカリしたりせずに、俺達を応援してくれ。よろしくな。


泣けるじゃないですか。

次はウルトラマン。
日本全国の皆さん。やさしさを失わないで下さい。
弱い人をいたわり、互いに助け合い、許そうとする気持ち失わないで下さい。
あなたが不安な時、きっと周りの人も不安なはずです。
これが私達の願いです。私達も同じ気持ちで頑張ります。
(ウルトラヒーロー&スタッフより)


そしてバルタン星人。
今、様々なヒーローたちが皆を励ましていますね。
我らバルタンも、そして多くの宇宙人も同じです。
意外ですか?
我らはこの地球、ことに日本を愛すればこそ、それを求めるのです。
負けないでください。
あなたたちは、何度となく我ら侵略者の手からこの星を、
この国を守ってきたのだから。


私が常に、仮面ライダーやウルトラマンをフォローしているわけではありません。
ツイッター独特のつながりで触れることができたつぶやきです。

そして、私たちはどうすればいいのか。
まず、高島宗一郎福岡市長。
情報が錯綜していますが、福岡市民が協力出来る事は、義援金です。
福岡市役所西側広場のふくおかマルシェでは義援金箱を設置しています。
11時から17時までです。 ご協力よろしくお願いします


そして、その募金について、糸井重里氏のつぶやき。
目を覚まされました。
専業主婦の私が完全に自由にできるお金は、内職代だけです。
先月の給料をはっきり書きますと、21740円でした。
巾着は裁断からひも通しまでして、1枚が180円から250円。
お店のサンプル縫製は、1着1500円から2000円。
PTAに行きながら、夜勤でオットがいるときはミシン禁止で、
家のことで毎週のようにオットの実家に行きながらで精一杯の金額です。
最初私は、1740円を募金しようと思っていました。でも。


1.「人」と「もの」と「金」が必要になると思います。
 人とものは、必要な場所に運ぶことにコントロールが要ります。
 近所のバザーのようになってしまっては困ると思うのです。
 いまは「道」も足りないのです。金の用意をしましょう。
 金でさまざまなものをまとめて買えます。

2 反発されるかもしれませんが、言います。
 「金」は、その心が尊いというのもほんとうですが、
 アルバイトの時給が1000円の時代の「貧者の一灯」は、
 「小銭」ではないと思います。
 寄付の相場を、いま上げるべきじゃないでしょうか。
 かなり大事なことだと思うのです。

3 お金のことを言うのはむつかしいですが、続けます。
 お祝いだとか、お悔やみだとかにも相場がありますよね。
 今回、たとえば、「じぶんひとりを3日雇えるくらいのお金」と考えたら、
 どうでしょうか。
 はっきりとした「実力」になると思うんです。

4 さまざまな角度から、反論も攻撃もくると思いながら言ってます。
 気に障ったら、ほんとうにごめんなさい。
 いわゆる小額の寄付について、
 企業や組織でやったことのある人はわかると思うのですが、
 経費のほうがかかるくらいになることが多いのです。
 キャンペーンより、実効がほしいので。

5 じぶんなりに、いろいろ考えてみての提案でした。
 せいいいっぱいやれることを考えて、この言いにくいことを言いました。
 明日、会社でもこのことについて話しあってみます。
 分かってくださった方、ほんとうにありがとうございました。
 泣きそうです。

6 日本赤十字社のことを念頭にいれて、語っていました。
 じぶんたちが、集めるようなことはしません。


袋ごと持っていかなきゃと思っています。
自分が被災者で乳飲み子を抱えていたら、と想像して
3日しのげる水とおむつと食べ物と薬と・・・と考えたら
21740円は十分な金額ではありません。
これしか自由にならない、と書きましたが、これなら自由になります。
新しいカメラのレンズが買えるとウキウキしていたので
ここで、宣言することでうしろに引けなくしようと思っています。
たくさん寄付してえらいでしょう、というつもりもありません。
これが正しい方法だと、主張する気もありません。
なるべく有効な、そして、私にできる精一杯のこと、が
21740円、ってことです。

さて、内職に戻ります。

地震

2011.03.12 つれづれ
東北の地震は、恐ろしいほど強いエネルギーで
まだ春浅い地方をずたずたにしてしまったようで、胸が痛みます。

続いておきた茨城沖の地震の影響もあってか
関東一円にまで、被害が及んでいるようです。

小学校で被災して家に帰れないままの小学生がいるそうです。
どんなにか、心細い、寒い、ひもじい思いをしているでしょう。

遠く離れた福岡でも、夕方からメールが2~3時間遅延しています。
現地での混乱はいかばかりかと。
岩手と茨城には友人がいて、消息が気になります。

皆さんがご無事でありますように。
辛いことがあっても、助け合える友人、家族がありますように。
明日の天気が、少しでも過ごしやすいものでありますように。


内職やってます


例年だと、入学入園の袋物にまみれているところですが、
去年の春に新しく入った内職さんが頑張ってこなしてくれているそうで
私は、季節の変わり目のお洋服作りに専念させていただいています。

昨日、洋服の材料が5着分あったけど、
今日、写真のチュニックと子供服を納品してきました。

あと、3着。
このチュニックの生地は薄手ですが、
ふにゃふにゃしないで縫いやすく、ちょっとシャビーなカラーもいい感じ。
胸元に5本のボックプリーツ、後ろはハイウエストで切り替え。

こうして、お店のイチオシ生地を一番最初に試させてもらえて
ほんとに楽しい仕事です。
もちろん、お店のイチオシが即私の好みってわけではありませんけど。
巻きの状態では見えない生地の表情を知ることができ
服にしてみることで、見直す生地もあります。

あと3着のうち、1着はnaniiroの新色(りきゅう)、それからechinoの新柄。
これも、仕立てるのが楽しみ。
そして、私が仕立てたサンプルを見て
「こんなの縫いたい」って生地や型紙がたくさん売れると
また、これもとてもうれしいです。

第3回打ち合わせ

3月5日のファーストプランについて5日にいれた訂正を再確認し、
5日間で検討したことを設計士Sさんと話し合いました。

・トイレに手すりをつけたいため90では狭い。
 →120センチにして、手すりと反対側にはカウンター。

・トイレを広げたことでトイレ・洗面前のホールが無駄に広がる
 →トイレのカウンターの並びに、トイレの外にも奥行30の棚を。

・義両親のWICと背中合わせのピアノスペースの配分
 →ピアノの奥行を確認できたのでピアノを浅く、WICを深く
  さらに、ピアノコーナーの上方には天袋を。
  深さで折半して、WIC側からとピアノ側から奥行30ずつ。

・義両親部屋の押入れ上にカーペット収納

・義両親部屋の南西向き窓、出窓プラス地窓(←次回までに写真を用意する)

・玄関に飾り棚(90×45)

・子ども部屋の半畳ずつ(2部屋で1畳)を廊下側からの収納に。

・中二階のファミリースペースの本棚位置
 →南面にカウンター、北西の壁をオール本棚に=幅360!?感激で死にそう。
 (そこで姑の「そげん本ばっかりおいて」っていう小言が入ったけど無視無視!!)
 ※結婚して何がびっくりって、義両親宅には本棚がなかった。
  うちは両親とも本好きで、大きくないけど本棚はあったし、
  その中はいつもぎっしりだったので、えっと本棚どこかなって探したもん。
  そこから何か話題があるかな、と思ってさ。話題、、、見つからなかった。


・オットの書斎という名の隠れ家入り口
 →120センチ高の引き戸か160センチ高の開き戸かという選択を迫られ
  本人は120センチを望んだが、他全員に却下されて160の開き戸に。

・和室(4.5畳)の真ん中の半畳を堀こたつの穴に。

・玄関のレベル
 工務店の決まりごとでリビングの床は地面から63センチ(?)。
 →上がりかまちはリビングとフラット。
  玄関土間は-30センチ。
  土間から階段で地面まで約-30センチ。
 ※あがりかまちに腰をかけたい、つか、かけてもらいたい。ちょっとした来客に。

・ユーティリティールームという名のミシン部屋のレベル
 ユーティリティルームは玄関土間からリビングへのダブルアクセスルート
 →玄関土間が-30で決定。ユーティリティルームは15センチあがる-15レベル
  さらに15センチあがることでリビングに入る。

・ユーティリティルームにはマルチシンク。ドレッサーも置きたいけど。
 →だったら、収納つけやすいシンクを設置して鏡もつけましょう。
 →ドレッサーいらない♪ちょっとした洗い物もできる
※義両親にとって、私の個室として扱われているこの部屋はものすごくムダで面白くないらしい。
 年代的にそういう心情ももちろんわかる。けど、室内物干しもここにつけるし
 それこそ、2階の主寝室に私がミシンでこもったら家の中がどうなるか、
 和室に洋裁道具を広げたらどうなるか、考えたら畳2枚ミシンのためにくれてもいいよね?
 オットも認めてくれているし、設計Sさんもこの部屋をとても大事に考えてくれているのが心強い。
 
 
そして、前回私が大いに語った家事動線について。
数年前に家を新築し、なによりご主人がハウスメーカーの営業さんである
Nちゃんが、図面をみて、私に大いに同情し、いっしょに考えてくれたことを別記事に。

今日は、ムスメが昼で帰るし、住民票を取りに行かないといけないし
なにより、内職が超立て込んでいるのでここでいったん、離れます(^_^)/~





アンサンブルとハンバーガー

2011.03.07 つれづれ
今日は、ムスメは近所の市民センターで小さな本番。
クラリネット5重奏でご出演。
朝8時前に送り出し、洗濯しながら家の図面とにらめっこ。

そしたら、実家の母からメール。

雨だけど、今日はどうしてる?

折り返し電話してみたら、
父が急に無性にハンバーガーが食べたくなったらしく(?)
ムスコをさそってマックに行きたい、と。
年寄りだけでは買い方がわからないし
昼の予定がないなら、いっしょに行かない?って。

二つ返事、行く行く~。
でも待ってて、ムスメの本番が12時半頃終わるからそれからでもいい?

じゃ、13時頃お宅に行くよ、と母。
車で約40分の実家から、うちまでわざわざやってきました。
父は病気で入退院を繰り返しているので
気分がいいときくらいは、おでかけしたいみたい。
道の駅とかに行くことも多いけど
初めての、オトコの孫であるムスコには
やっぱりヒトカタナラヌ思いがあるようで、
理由を見つけては会いに来ます。

ムスメは本番のあとも学校に戻って練習があるので、
オットと私とムスコと、両親の5人で近くのマックへ。
なんでもいいから、年寄りにも食べやすそうなものを買って♪
って言われて
チキンフィレオを父に、フィレオフィッシュを母に。
私たちもそれぞれ、好きなモノを食べまして
お代は全部両親もち♪2000円くらいのことですけどね。

しかも、人に料理を振舞うのが大好きな母、
夕飯に食べてって、あとは揚げるだけのトンカツとエビフライまで持参。

昼も夜もあざーす。。

料理を振舞うのと同じくらい母が好きなのが
孫娘に「カワイイ」ものを買ってあげること。
お姉ちゃんは、学校で、マックを買ってやれなかったからと
ムスメには帰りに寄ったスーパーでキティちゃんの缶ケースを
買ってくれました。
ムスメは帰宅後大喜びで、ばあばにメールしてました。

で、ムスメのステージですが、とてもよかったです。
スキヤキソング。

ムスメの学校から何組かアンサンブルで出演していたけど
贔屓目抜きでも、よくまとまっていて、ノリもよかった。

正月の同窓会で、ムスメの部活の友だちの中に、
私の中学の同級生の娘さんがいることが発覚。
今日は、やっと、その子の顔を確認してきました。
(´∀`*)ウフフ、ちょっととがり気味の口が、パパそっくりだ。

第2回打ち合わせ

ファーストプランが出来上がってきました。
設計士Sさんと営業Nさんと、義両親、私たち夫婦の6人で2度目の打ち合わせです。


うーーーん。



気に入らない。
努力、苦労のあとは見えるんです。
2世帯で、世代もセンスも全く違う大人4人が好きなことを言って
それをすべて盛り込むことなんでムリ、って分かっているけど。


パーツは、いいんです。


流れが。


主寝室が2階の西の端、階段は家の東の端。
キッチンがその階段に隣接しているのはいいんだけど
キッチン以外の水回り(トイレ、風呂、洗面)が1階の西の端。

キッチンに隣接してミシン部屋が作られているのは最高なんだけど
そこには、洗濯機、っていうのがムリで
やっぱり洗濯機は洗面所、なのにマルチシンクはミシン部屋。

つけおき洗いした物、家の東の端から西の端に運べと?

そして、西の端でできあがった洗濯物、
家の東側にできそうな、物干し台に運べと?

そして朝起きてからの流れ。
主寝室を出て、2階を西から東へ横断、階段降りて
今度は東から西へ横断。顔を洗って、東へ移動、キッチンで朝食。
その後階段のぼって、2階を東から西へ、着替えて、西から東へ。
・・・ねえ、これ、大丈夫なん?ってオットに聞くけど
うーん、わからん。

アタシ、わかる。
オット絶対、スーツを1階の和室に置くようになる。
義両親と同居する以上、義妹家族などのために、
絶対確保しておきたい客間としての和室がオットの物置になる。
そして、奥まった場所にある洗面所からは、
絶対毎朝ムスメの金切声が聞こえるようになる。

洗面所がもうひとつ欲しいぃ!

1階のリビング周りに、水栓だけでいい。
お客様に、ちょっと手を洗ってもらうのにも使える。
「ミシン部屋のマルチシンクでいいんじゃね?」
ああいいよ、10歳の少年たちならいいよ。
アラフォーの主婦仲間ならいいよ。

ムスメの彼氏やムスコの彼女もそれでいいといえる?

義母が水栓は増やせば増やすだけ、手間が増える、と。
そりゃもちろんそうだけど、
洗面がたりないのも、毎朝すごいストレスになると思うけど。
ああ、ムスメとオットの喧嘩が見えるようだわ。

そして、何よりの不満は、
その行ったり来たりの東西をつなぐ廊下が無駄だってこと。
移動にしか使わない廊下が多すぎる。
階段を家の真ん中に持ってくるとそれが解消されるんだけど
そうすると、ファミリースペースが「中二階」にならない。
フラットな2階になってしまう。
「中二階」に並々ならぬ思いを持つオットは
「ファミリースペース」の確保より、「中二階」であることのほうが大事。
そこにこだわることで、
家族の動線がこんがらがるって私が主張すると
義母が「〇〇(←オットの名)の家なんだから〇〇の言うとおりにしなさい」って。
〇〇は洗濯しないし、来客をもてなしもしないのに。



っていう、ようなやりとりがありつつ
時間も長くなってきたので、
結局ドアの向きを変えたり、開き戸を引き戸にしたり、
というような微調整をし、
持ち帰った図面をゆっくり家で眺めなおすという5日間の猶予を持ち帰り
3月5日の第2回打ち合わせはお開きとなりました。

うーーーん、洗面所、洗濯機、廊下。


すみません、図面がないのでアタシの愚痴ブログになってしまってますね。

年度末

2011.03.03 つれづれ
年度末ですね。

今日は(も)、学校に行ってきます。
新しく役員をいっしょにする方と初めて顔を合わせます。
1年前は私もガッチガチだったけど、
ずいぶん面の皮も厚くなりました。
今日、お会いする皆さんと楽しく活動できたらいいな、と
手作りマーマレードで蒸しパンを作って持っていくことにしました。

ムスメは朝から鼻歌。
卒業式で演奏する曲が頭から離れないそうです。
4週続けて、毎週なにかしらの本番があります。
それが終われば、最後の夏に向かっての戦いが始まります。

昨日はお世話になっている雑貨屋さんに
手提げを2枚納品してきました。
学期末になると、子どもたちが小学校から机の引き出しを持ち帰ります。
その、引き出し専用の手提げです。
引き出しが入る袋は、そうそうありません。
みんなブティック袋を持ちにくそうにひきずって歩いています。
引き出しがすっぽり入って
低学年の体の小さい子でも、引きずりにくいようにもち手短めで
ピンクのチェックと水玉を使ってつくっています。
売れるといいな。
紺も2枚分裁断済み。

今週は冷え込んでいますが、
ちょっとずつ暖かくなっていきますね。
4月になるのが、楽しみなような、
まだまだ3月でいてほしいような。

そして、ムスコの鼻づまりは今日も絶好調超。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。