スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショールーム、LIXILって美味しいの?

ショールームのノルマ、もうひとつ残ってました。
まあ、急いではいないんで連休にでもと思ったけど
なんだかオットが急にオレが行く、と言い出しまして。

こないだ小学校の参観、懇談のとき、
オットが休みで、じゃ、オレはイナックスに行ってくるよ、と。

まあ、風呂、トイレはTOTOで
キッチンはクリナップでだいたいいんじゃない?と。
洗面はヤマハがいいのかな?
やっぱりもう、それでいいよね、という
確認ができればいい、という位置づけ、というと
ものすごく失礼ですが、そんなテンションでした。

で、なんでイナックスだけが、行くのが遅くなったかというと
トステム、サンウエーブ、新日軽、東洋エクステリアと合併するということで
全国のショールームで、改装作業が行われていたのです。
で、福岡総合ショールームがオープンしたという情報が
入ってきたので、じゃあ、まあ行ってみるかと。

で、合併後の社名がLIXIL(リクシル)になるらしいです。
イナックスに就職した大学時代の友人がいましたが
自分の会社のことを「いなっぺけ」とか言ってましたけども
リクシルになっちゃったんですね、なんだか美味しそうです。
トステムに就職した友人もいました、
リクシルという読み方は彼女に確認をとりました。

さて、結論から言うと、リクシルのおねいちゃんは
甲乙つけがたかった、TOTO、ヤマハ、クリナップの3人とは
水を開けられた感じだったそうです。

いや、あの。
洗面台、いいですね。
ヤマハよりもいいです。
5面鏡はないんですが、3面にはなりますし、
なによりシンクの形がいいです。

どうですか。このページB、広々平らな底面ってとこ
クリックしてみてくださいよ。
右袖には洗濯ブラシ、左袖には洗濯石鹸、置けそうではないですか?

お風呂も、私は見てないので細かいところはわかりませんが
オットは、「おや?」と思うことがあったみたいです。
オマエも一度みたらどうだ、と。
なんで、明日の第8回打ち合わせのあと、ちょっと見に行ってみます。

洗面台は、リクシルかな♪
スポンサーサイト

ショールーム、キッチン編

4月9日と10日のショールームめぐりの話。
キッチンのまとめがまだでした。

9日にTOTO、そして、10日にクリナップに行きました。
本来なら、4月中旬にはクリナップからは
ステンレス版クリンレディが発売されるはずだったのですが
おおかたの工場をいわき市に持つクリナップ、
現行品の納品、製造にも支障を来して、
新製品の発売は1ヶ月延期されたとのことでした。
3月にストップした分の納品が徐々に再開され
うちの場合、納品されるのは夏以降であることから
今のまま製造、納品がすすめば問題ないですとの答えをいただきました。

クリナップがいわき市に工場があると知ったときには
本当に心配しました。
実際、関連会社やその家族に亡くなられた方、行方不明の方もあったようで
それは本当に胸が痛むことです。
あこがれのSSを使えるかどうか以前に、
日本を代表するキッチンメーカーがどうなってしまうのか、ということも
ものすごく気になって、毎日のようにサイトをチェックしていました。

話を戻しましょう。

キッチン比較です。
TOTOでは、最初、工務店標準としてCJというものを見せられました。
クラッソを基準に、機能をシンプルにして安く提供できるようにしたもので
工務店経由でしか設置できないモデルだそうです。
ステンレストップに変更するとか、
水ほうき水栓を取り付けてもらうとか、という仕様変更はできたものの
致命的なのは80センチ高か85センチ高かしか選べないこと。
TOTOでキッチンを見てみようと思ったのは
数々のエコ水栓や、87.5センチ高というカウンターを持ってることに
魅力を感じたからであって、85センチでは話にならん。

そこで、クラッソをベースに話を進めてもらいました。
最初、水ほうき水栓とすべり台シンクを選択しましたが、
結局、浄水用水栓を別に付けるのが面倒なので(←)
水ほうきを諦めて、水、お湯、浄水切り替えのシャワー水栓にしました。
あとは、食器洗い乾燥機はビルトインでなく、
いずれ据え置きタイプを買いたいので
キッチンの右の作業スペースを広めに変更、
換気扇はあみあみのフィルターのない、掃除しやすいやつ、
ガスレンジはガラストップの、両面グリルで、見積もりを依頼しました。
一応、CJでも、同じような設備を組み込んだ見積もりを
してもらうように依頼しておきました。
あと、忘れちゃならねえ、フットスイッチ

で、クリナップ。
あこがれのSSライトパッケージ。
水栓は、TOTOで見たようなのと同じカートリッジ内蔵型、INAX製。
食器洗い乾燥機なし、据え置きするためのスペースは
幸運なことに、ライトパッケージの基本仕様のままで、
そのスペースは確保できてます。
ガスレンジは、やはりガラストップ、両面グリル、換気扇連動型。
換気扇は、とってもクリーンフード。
あ、ちょうど、こんな感じのプランですね。

懸案は高さです。85と90を行ったり来たりして
お姉さんは、ガスだから85でもいいでしょうけど、
90でも客観的に見て、高すぎることはありませんよ、と。
オット(163センチ)も90でいんじゃない?と
根拠なくいいはじめたことだし(←)90で決定。
(といってもあくまで見積もり)
90は、85と比べて、真ん中の段の引き出しが5センチ深くなるそうです。
引き出しの中にもう一段引き出し、というオプションもあったけど
安価なボックスなどで工夫しようもありそうなので
そのオプションは採用せず。
TOTOでは、その気持にもいかなかった、扉カラーまで一応選びました。
つっても、見た目にお金かけられませんので
1番安い、MORNINGシリーズからビンテージブラックエルム
それにバー取っ手。

SSが予算オーバーになる場合、クリナップには未練はない、
と思っていたけれど、
あらためて、機能や特徴のひとつひとつを確認してみると
総合力の高さは、やっぱりクリナップかなあ、と思い始めました。
TOTOのエコ水栓は魅力ではあるけれど。
ステンレス筐体を諦めることになったとしても、
クリナップで第2候補を選ぶんじゃないか、と思っています。
まずは、見積もりを見てから、ですけど。

あ、ひとつだけ非常に残念なことがありました。
クリナップ。
ステンレスシンクなんだけど、汚れがつきにくいコーティングをしているので
クレンザーや、ましてやカナダワシなどでごしごしこすらないでください、
だって。
なんか、ステンレスの醍醐味って、そこじゃないの?
作業が全部済んだあと、金束子でがしがし洗う。

え?アタシだけですか?



第7回打ち合わせ-外壁が決まった

えー、キッチンのことを書く前に第7回の打ち合わせがやって来ました。
今日は、6回目のおさらいを軽くしたあと、
義両親の部屋周りの窓を決め(←二人におまかせ)
家の中のドア、玄関ドア、玄関の屋根、そして外壁、瓦などを決めました。

家の中のドアといっても、子ども部屋と水回りは前回決めてますので、
残りはクローゼットと
玄関入って、リビングに入るための引き戸、
義両親の部屋の入口ドア、
主寝室入り口ドア、
それから、ミシン部屋とオットの隠れ家の入り口ドア。

結論から言うと、クローゼット、その他収納のドアはルーバーの折戸。
標準のやつで統一で、その他は造作になりました。

リビング入り口は、やはり古民家風の外観の流れから
縦の桟の効いた引き戸にしたいし、
それはなかなか既製品にはありません。
ミシン部屋と隠れ家はそもそも、階段下と屋根裏なので
既製品では全然サイズがあいません。
義両親の部屋は、足元の風通しにしつこくこだわる義母のため
下の方に無双窓をあしらった造作はどうだろう、と
設計氏が提案してくれました。

小上がり和室は、リビングからも、和室の側からも組子が見える障子。
障子と言っても、障子風の樹脂です。

それからサッシの枠色は、基本外も中も、焦げ茶色で。

玄関ドアは、せっかくの漆喰壁なんだから、と
木での造作を頑張って推してみたけど
義両親が、メンテナンスのしやすさからサッシだ、と折れないので
じゃあ、それで、と。
トステム花伝シリーズ「町屋」の90型です。

して、いよいよ外壁です。
カルクウォールと、サイディングの腰壁のツートンです。
カルクウォールは、うっすら黄みがかったクリーム色です。
サイディングは、黒の板模様を下から80センチくらいの高さまで。
建物の角には、付け柱をして( ー`дー´)キリッと。
また、工務店のシンボル的なトリム(窓枠の外の装飾)、それから軒は
付け柱とともに、ダークブラウンで。

瓦は黒。

玄関屋根はモスグリーンのガルバリウム。

この工務店は、どちらかというと、
カントリーや南欧風を好む若い顧客が多く
そこが、義両親の賛成を得られないポイントのひとつでした。
そういう施工例が圧倒的に多いんだけど、
注文住宅をやってるのだから、外観は好みにできるのだと
しんぼう強く説得しました。
そして、義両親納得の外観に辿り着けて、ちょっと一安心です。

てぶくろ

2011.04.11 絵本・本
カテ選びにちょっと迷いましたけど。

今朝TwitterのTLを見ていたら、重ね重ねのRTでニュースが飛び込んできました。
ソースはasahi.comです。日付は、4月5日になっていますね。
ニュースは消えてしまうので、コピペさせていただきますと・・・

絵本『てぶくろ』で知られるロシアの画家E・M・ラチョフの遺族が
このほど、東日本大震災の被災者のため、
福音館書店から出ている邦訳の印税を今後1年分寄付すると申し出た。

森に落ちていた手袋の中にさまざまな動物がすみつき、吹雪をしのぐ話で、
チェルノブイリ原発事故があったウクライナの民話だ。
1965年に翻訳されて以来、ファンが多い。

ラチョフの妻リジアさんから連絡を受けたロシア絵本の研究者、田中友子さんは
「避難所で身を寄せ合って寒さに耐える方々に、北国ロシアから届いた声援です」
と話している。


なんとなんと。

今回の震災への支援や寄付は、全世界の方が関心を持って
貧しい国の人達も、その日の食費を削って日本へ、と送ってくれたり
有名人も表立ったり、表立たなかったりで支援活動をしたり
中古のランドセルや、手作りのバッグ、絵本、など
集めています、と小さな発信があれば、すぐに予定の数倍のものが集まったり
億単位の募金を、ぽんと出す資産家もぞくぞくと現れ。
すごいなーって、ぼーっと眺めていたんだけど、
(協力できるものにはしてますが)

今回のこのニュースに関しては、不覚にも落涙してしまいました。

たとえば、津波や火災、原発被害にあわなくても
この地震の凄さがどんだけだったかを、
身を持って知った方はたくさんいるでしょうが
福岡に住む私は、ぴくりとも揺れておらず、
物不足、ガソリン不足などにも、全然困っておらず
関東~東北に住む何人かの親戚や友人の心配はしたけれど
みんななんとか無事だったようだし。

被災しなかった地方のみんなが頑張って盛り上げて、とかいう
フレーズがあちこちで言われているのだけど。
それは、たしかにそうなんだけど。
そして、そうすることはやぶさかでないんだけど。
ただ、「動機」が、強い「動機」がみつからないんです。
たとえば、我が身に置き換えて、
1ヶ月も、身内は行方不明で、お風呂も満足に使えず、
まして、家族に病人や、赤ちゃんがいたりしたら、どんなにか、
ということは想像してみます。
一生懸命想像してはみるんですが、想像でしかないんです。

マグニチュード9.0の地震がどんなに揺れて、
家をまるごと流す津波がどんなに恐怖かも、
やっぱり、自分の想像力でカバーできるものではない。

被災した子どもたちに絵本を送ろう、という情報にも触れました。
これこそ、私ができるボランティアだと思ったけど
考えれば考えるほど、何を送ればいいかわからない。
絵本絵本って言ってるくせにね。

被災地から遠く離れた私には、
もし自分がそうなったとき、ってことが、全くわからないのです。
罪悪感、ともちょっと違う。
むしろ疎外感って言ったほうがいいかもしれない。

たぶん、震災前と震災後が戦前戦後と並ぶ時代の分かれ目になると言われています。
同じように、あの地震の揺れを感じた人と感じていない人の間にも
深くて暗い川が流れてしまうのではないかと思っています。
そして、それが自分のことであっても、止められない。
私はきっと簡単に忘れてしまう・・・。

そんな、いいようのない恐れにずっと囚われています。

そして、震災からちょうどひと月の今日、
めぐりめぐって、私のところへこのニュースが飛び込んできました。
ただの、子どもが大好きなつくり話だと思っていました。
だけど、北国の人達は、
手袋になんとか入ってぬくぬくしようとする動物たちのように
こうして身を寄せ合って生きてるんだと、
すっと理解ができた、というか。
言葉にはしにくいけれども、自分がどう関わっていけばいいかという
ヒントのようなものを見つけた気がしたのです。
それがうれしくて、泣けてきました。
そして、それを絵本が教えてくれたということがよかった。
この絵本を知っていてよかった。
この絵本のもつ意味を、改めて知ることができてよかった。

そのことで、自分自身がいる意味も、また見つけられそうでよかった。
っていう、ニュースでした。

ショールーム

9日土曜は午前中ヤマハ、午後からTOTO。
そして10日日曜はクリナップに行ってきました。

比較はしたほうがいいだろうけど、たくさん見てもまようだけなので
以下のとおり決めました。

トイレ・・・TOTO、INAX
風呂・・・TOTO、INAX、ヤマハ
洗面・・・TOTO、INAX、ヤマハ
キッチン・・・TOTO、クリナップ

キッチンの人大は絶対いやだけど、風呂、洗面ならおっけーです。
ヤマハは、最初予定外だったんだけど、
うちのギャルがどうしてもスピーカーのついたお風呂がいいというので
そうなると、ギャルに甘いオットが、じゃあ、見るだけ見てみようって言い出して。

土曜の午後は、義両親宅の市内にあるTOTOにみんなで行くことを決めて
あいた午前中に、私たち夫婦で博多のヤマハに行くことにしました。

さて、忘れないうちに簡単な比較メモを残しておきましょう。

ヤマハは、華やか系の美人Tさんが担当してくれました。
でTOTOは、純朴系のかわいらしいMさん。
クリナップは、知性派美人のKさん。
それぞれに、とても気持ちの良い方で
行き道に、「担当営業の印象で変わるよなあ~」なんて言っていたオットが

帰り道には

「う~ん、それぞれに魅力的で甲乙つけ難いっ(´ε`;)」

それは、商品がですか、それともおねいちゃんがですか。

さてと( ´ー`)フゥー...~

お風呂の比較。
ヤマハ・・・売りはなんといっても人大。
そしてサウンドシャワー。ヤマハにとって音楽は贅沢じゃなく標準。
      人間工学に基づいたひょうたん型の浴槽。
      人の形に沿っているので、無駄がなくそれでいて曲線がきれい。
      半身浴用のステップのあたりがかなり狭くなっているので
      ハンドルはいらない気がする。
      妄想図はだいたいこんな感じ
      浴槽断熱、断熱ふた、乾燥暖房機は追加料金。
      浴槽断熱、うつくしフロア、手すりを一本追加、断熱ふたと乾燥暖房機は断念。  

TOTO・・・半身浴タイプを選択。
     浴槽の中に、ハンドルを取り付けられる。
     お湯の容量はヤマハとほぼ同じ。
     素材はFRP。
     基本仕様はこんな感じ。浴槽は半身浴タイプだし、パネルはもっと安いやつだけどね。
     浴槽断熱、断熱ふた、乾燥暖房機は、標準装備。
     ここでは、義両親がいたため、私たちは別にいいじゃんって思っていた折戸が却下。
     引き戸を所望されたため、追加料金。

洗面。
ヤマハ・・・やっぱり人大。
      カウンター高83センチ。バリエーションなし。
      3万5千円(定価)追加で鏡が1→5面鏡へ。
      5年後には、ムスメも化粧をしだす、ムスコも髭剃りをする。
      洗面所は基本1箇所なので、鏡が横に広がるこのタイプはぜひ欲しい。
      魅力の「壁出し水栓」、ボウルの容量20L。孫も洗える。

TOTO・・・風呂に比べて、うまみなし。
     カウンター高75と80の2種類。
     80は75に台座を履かせるので追加料金。 
     定価2万3千円+で1→3面鏡へ。
     ボウルの容量16L。しかも、ヤマハより曲面でバケツおきにくそう。

収納は大差なかったけど、ヤマハが83センチ標準なのに対し、
TOTOは75標準で、80になっても収納は増えないとのこと。
ふつうに考えると、ヤマハの方がたくさん収納できるってことですよね。

トイレ。
今の段階で比較対象がありませんので、(INAXは改装休業中)
TOTOでの主な仕様をメモ。

1階・・・乾燥機能つきウォシュレット。(高っ。)
     自動開閉の便座ふたは、つけない。(よっしゃ。)
     義両親たっての希望で、手洗いは別につけるので、タンク上はふた。
     手すり、付ける本数、場所などは要検討。

2階・・・標準仕様のウォームレットもお断り。
     電気を使う物一切なし。
     タンク上で手を洗います。

必要を感じないのと、なんとなく生理的に嫌いなのとで
私たち夫婦はウォシュレット、どうも受け入れがたいのですが
義両親は絶対いるらしいです。しかも乾燥機能まで・・・_| ̄|○
自動の便座ふたは、義母は、ほしい気持ちに傾いていたけれども義父が押し切ってくれました。
ъ(゚Д゚)グッジョブ!!7万円だもんね。

うわ、めちゃめちゃ長い。キッチンはまたの機会に。
簡単に予告すると、
TOTOでは、工務店用のお徳用プランと、クラッソ
そして、クリナップではSSライトパッケージの見積もりをしてきました。
正直、気持ちは、クリナップです。


第6回打ち合わせ、ドアもちょっとは決めた

そうそう、子どもたちがせっかくついて来ているので
子ども部屋のドアだけは、決めさせてください。ってことで。

このPDFカタログの59ページのが子ども部屋のドアになりました。
それぞれに選ばせたけど、結局同じものを選びました。
色は、これから、床などの色が決まってからですね。

そして、同じく60ページのドアを水回りのドアとして使います。
洗面所やお手洗いです。

で、そろそろ、水回りの仕様を決めるために
ショールームに行ってきてください、来週は打ち合わせを1回休みましょう、
ってことになりました。
まずは、TOTOに行ってみようかと相談中です。
INAXもまとめて行きたかったのですが、
ショールーム改装中で、4月23日以降しか行けないそうです。
私は、キッチン以外はどうでもいいので(←)全部TOTOでいいんじゃね?
って感じでしたけど、オットが、比較というものをしなければ、と言い出したので
とりあえず両方見て決めようと思います。

主要な工場が福島県に集中しているということでいちばん心配なクリナップは、
時期やケースによるみたいで
キッチンはギリギリまで迷うことになりそうです。
可能なら、SSライトパッケージがイチオシ。
ダメなら、TOTOのクラッソ、バリュープランで。

第6回打ち合わせ、窓を決めよう

4月3日の打ち合わせは、都合により義両親欠席。
また、16時半からという時間設定のため、晩ご飯がどうなるか読めないので
ずっと志願お留守番だった子どもたちを無理やり連れていきました。

ムスコは、着いたらすぐ、設計士さんが席に付く前にはもう
DSを始めており、家にいるときのように寝転んで熱中。
その後、サッカーボールを持って外に出かけていきました。

ムスメはというと、うちあわせに、超積極的に参加。
知らない言葉がでてくると、「〇〇ってなに?」って
こっそり聞けばいいのに、大人の話を完全に遮断するように聞いてくる。
設計S氏「ここ、障子つけますか?」
ムスメ「ショウジってどんな漢字ぃ?」
設計S氏「勝手口のドアの格子は・・・」
ムスメ「じゃあ、コウシはぁ?」
って、会話ボリュームで割り込んでくる。うっとうしいんじゃっ。

でも、決まった細かいことを、すすんで設計図に書きこんでくれるのは助かりました。

ただ、考え中に下手くそなペン回しをして
バタンバタンペンを落とすのには、30回くらい雷を落としました。
プラマイ0、むしろ、マイ_| ̄|○

で、両親の部屋を除く、家中の窓の仕様を決めていったのです。

だいたい、設計S氏の想定した仕様があって、
それがどうなのか、それでいいのか、っていう選び方です。
その作業に先立って「縦すべり」「横すべり」っていうのを勉強しました。
展示場のいろんな窓、開け方、網戸の付き方、意外と軽いのよ、とか。

縦すべり窓っていうのは、こういうの
なんだか、窓自体は横にすべっているように感じるのは私だけでしょうか。
窓枠からかぽっと、窓が向こうにすべりだしちゃうんです。
開口が100パーセント開きます。
おなじみの、引き違い窓だと、壁からくりぬいた窓の開口の
半分はつねに、ガラスがはまった状態になりますよね。
もちろん、それがいい、それでいい、という場面もあるのですが
この、滑り出し窓っていうのは、大きさやデザインにおいて、
自由度が高いなと思います。
引き違い窓1セットのスペースに、滑り出し窓は2枚並びます。
同じスペースで、2倍の開口が得られるわけです。
引き違い窓は、常に、2枚で1セットですが、滑り出しは1枚ずつです。
奇数ももちろん可能です。
欠点は、窓を閉めたとき。
引き違い窓は、2枚の窓分きれいに外が見えますが
すべり出し窓は、2枚並べると言っても間にそれなりに壁の部分ができてしまう。
そこで風景が途切れるわけです。
ムスコは、引き違い窓の窓の外がきれいな写真を一枚見て、
部屋の窓を、「引き違い窓がいい」と、即決でした。

すべり出し窓には、2種類あって、オペレーターとカムラッチ。
オペレーターは、窓枠のところで、ハンドルをくるくる回す。
カムラッチは、窓のほうについたハンドルをガチャッとひねって窓を開閉する。
手が、窓についていくわけです。
つける場所によりますね、と設計氏。

網戸はどうなりますか?

オペレーターの場合、家の内側に網戸が固定。ネジでとめてあります。
カムラッチの場合、一旦窓を開けたあと、
ロールされた網戸を引き出して閉める。
これを見た瞬間、「カムラッチ無理!!」

だって。カムラッチは、窓をあけたあと、網戸を閉めるまでの間
何も無い状態があります。数秒でしょうけど。
無理無理無理~。蚊がはいるーーーっ!!

で、でも、カムラッチの場合、窓を閉めたときに網戸が収納されますから
窓が完全に透明になりますよ・・・

無理無理無理~

基本、オペレーターで。

そうやって、縦すべり、横すべり、引き違いと決めていきました。

ムスメの部屋だけは、上げ下げ窓です。しかも木の枠の輸入物。しかも3枚。
こういうの、ね。
窓辺にやってくる小鳥さんとお話したくなりそうな窓です。
家の、道路に面してない角なので、外観はそれほど影響しません。

保留にした窓の中で、ちょっと悩みそうなのが吹き抜けの窓。
吹き抜けに並ぶように中2階にも窓が4枚入るので
吹き抜けの窓は、必ずしも開かなくてもよさそうです。
私は、自分の手の届かないところにある窓は、面倒くさいのですが、
設計氏に言わせると、じゃあ、いちいち、中2階までのぼって開け閉めするか
リビングで鎖を引っ張って吹き抜けの窓を開け閉めするか、
どっちが面倒ですか?と。
うーん、それでもやっぱり、手の届かない窓を開け閉めするのは嫌だ。
という、2者択一の話をしていると、
「全部、あけたらいいやーん」と、
開閉にも掃除にもおそらくノータッチになると思われるオットが・・・_| ̄|○

開け閉めも掃除も面倒なら、考えて決めるのも面倒。
こうしてみんな疲労困憊していくのね、と、実感した打ち合わせになりました。

JR HAKATA CITY 春爛漫

2011.04.04 おでかけ
家ネタが続き、正直、書いている方がオナカイッパイです。

今日は、家族でJR HAKATA CITYへ行ってまいりました。
平日とはいえ、やっぱりまだ春休み。
かなりの込み具合でした。

朝から出ずっぱりでへとへとです。
ざっくり、買ったものだけをご紹介。

ランチは37PASTA
カルボナーラを食べましたけど、卵がしっかりとした味でおいしかったです。

その後、無印でコットンを買って
東急ハンズを1フロアずつ順に冷やかし。

買ったのは、コクヨのフリーカットメモ
ゼブラのアルベスピールトのシャープペンシル。洗練された105円。
そして、常々欲しくて探し回っていたvictorinox classic

で、最後にバームクーヘンを買って帰りました。
今回も堂島ロール、クリスピー・クリーム・ドーナツ、ハラダのラスクは
だんねーん。

土地の引渡し完了

3月31日、土地の引渡しが行われました。


1月に、なんとか義父の同意を取り付け
団信の審査と、ローンの事前審査を受け
めでたくその両方が通り、2月19日に契約しました。

そのあと、すぐ間取りの打ち合わせに入り、
だいたいの間取りが決まったところで
ローンの本申請、すったもんだがありましたけども
3月24日に承認の知らせが届きました。

土地の契約には「ローンが承認されなかったら土地買いません、契約白紙」の
特約がつけられているので
これで、契約への道筋がはっきりくっきりつきました。

売主(不動産屋さん)の懇意の銀行に集合して
司法書士さんのおはなしを聞いたり、しているうちに
仲介の不動産屋さんが手続きをしてくれて、
結果発行された領収書などを確認し、これからの日程を確認して
30~40分ほどでの解散でした。

その後、オットの命により(オットは仕事)
義両親をめでたく義父名義になった土地に連れていき
記念写真を撮りました。

午後には、司法書士さんの作業が完了したとの連絡が仲介業者から届き
また、4月5日には地盤調査をする旨の電話が工務店営業N氏からきました。

銀行から土地に向かう車の中で
「なんか、楽しみだなあ」と、
あまり口数の多くない義父が言ったのが
とても印象的でした。

土地代金は、贅沢を好まない義両親がコツコツ貯めたお金を
出してもらいました。
また、慣れ親しんだ土地から引っ剥がすように連れてくることに
少なからぬ罪悪感も感じています。

それでも「楽しみだなあ」って言ってくれた義父を
絶望させることのないように、出来ることをしなければ、と思います。

第5回打ち合わせ

第5回目の打ち合わせは3月28日月曜日でした。
いけませんね、休み中は、子どもたちにパソコン占領されて。
自分のメモ的要素もあるので、忘れないうちに記事にしたいんですが。

今回は、前回あろうことか「欠席」した営業N氏の謝罪から始まりました。
家を建てるということは、数千万のお金の話をする、ということなので
簡単に終わらない打ち合わせもあろうかと思います。

我が家の打ち合わせも毎回ながーいので人のことはいえませんが
すっぽかされた方としては、やっぱり面白くない。
しかし、謝罪や追求に時間を使うのももったいないので
じゃ、前回するはずだった話をどんどん挽回しましょうと。

(義父の出してくれた現金)+(オット名義の住宅ローン)-土地購入諸費用-建築費用

が、いくらになるのか。という話。


じゃーん♪




-153万円。


だめじゃん。

いやね、だいたいそれくらいだろう、と。
そうなるよね、って思ってはいたんですけど。
こうなると、小手先の修正では追いつきませんから。
窓や扉の枚数くらいでは解消できません。

ウッドデッキはリビングから、義両親の部屋の前まで
かなりのボリュームだったから(おねだん的にも・・約40万)、
これを残念だけど半分にして、義両親の部屋前だけにしましょうと提案したらば
義母が、ウッドデッキに手すりをつけてくれと。
設計S氏「そしたら、デッキとしての用をなさないくらい狭くなりますよ」
義母「じゃあ、デッキを広げたらいいんじゃないの?」


・・・・あの、話聞いてました?
今、予算オーバーを解消するためにデッキの縮小をしましょうって・・・


義母「でも手すりないと、布団は干せないよねえ・・」
S氏「デッキがほしいんですか、布団干しが欲しいんですか(-_-;)」

ひとまず、ウッドデッキはオールキャンセルになりました。
中途半端な状態で作ってもよくない、
住んでみて、必要だと思ったときに、必要な面積を作りましょうと。

それから、いちばん削りやすく、大きな予算をくっているのが
外壁の仕様=カルクウォール(スイス漆喰)でした。
これをサイディングボードにすれば、130万円浮く。
私が言い出したけど、まあ、私が取り下げれば話が先にすすむんだから、と
思ったんだけど。

最初は懐疑的だったオットが、近所の施工例を紹介してもらって
見学してから、もう絶対漆喰がいいんだ、と言い出して。
本物志向の強い両親も、サイディングみたいに、塗り替えしなくていいのなら、
と言い出し。
しかし、130万ですよ!!・・ってなんでアタシが説得してるんだ?


オット「たとえば、この前見学させてもらった施工例みたいに
 腰壁をサイディングにしたら、いくら減らせますか?」
S氏「まあ、10万くらいですかね。」

オット「じゃ、それで。よし、これでデッキと合わせて50万の減額か」

でも、あと100万ですよ。間取りをいじるしかないでしょうな。
義父「個人的なところをけずってもらおうかな」(←)
(華麗に無視して)
私「ダイニングって御飯食べるだけでしょう。
 和室は仏間のため、あとは、たまに泊まりに来る親戚のため、なんですよ。
 もったいないから、ダイニング(4.5畳)なくして和室を6畳にして
 和室で御飯食べるようにしたらどうでしょうか」
S氏「うーん、そうすると、足し引き3畳のマイナスになるから
 間取りの組み換えでぐっと経費がおさえられそうですよ」

義父「でも、ばあちゃんが、椅子じゃないといやだって。」
私「でも和室は小上がりにすれば、椅子と大差ありませんよ、
  和室のほうが人数の融通もきくし、疲れたらそのまま横になることも出来る。 
  置き場所に困っていた応接台(※)も活躍させられるじゃありませんか」
     ※オットが小学生のとき新築された義両親家の新築祝い
義父「うーん、でもねえ、サイドボード(※2)(ダイニングに置く予定だった)はどこに置く?」
     ※2私たちが結婚した頃新築された義両親家の新築祝い
       今度の新築祝いは消え物にしてもらいたい。
私「サイドボードって、実用品はおいてないんでしょ?(土産物などの飾り棚になっている)
  どこだっていいんじゃないですか?」
義父「いや、いい。このままの間取りでいい、これで決めてください」


ひゃくまんえんはどおすんですか、おとうさん?


義父「よか、もう。これで。100万はもうよか。」


よか、ですか。
じゃ、それで。


ほんとにそれでいいんですかぁ!?

次回からは、設備、素材などを決めていくことになりました。
間取りが決定しても、いまいちスッキリしない・・・

帰り際に、義母の古い足ふみミシンがあるのを思い出して
ユーティリティルーム(と、言う名のミシン部屋)に置けないか検討しようと
サイズを測ってきてください、って言ったら
義母「ミシンは2つあるよ、足ふみと、ロックと」
あ、あの。ロックは私のもありますし、
なによりユーティリティルーム、そんなに広くありませんから。

いったい私が何畳のユーティリティルームつくると思われているんだろ。

実質2畳ですよーーーー。
減らすほどのスペースじゃありませんよーーー。
減らしたら、お母さんのミシン置き場もなくなりますよーーーー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。