スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おしらせ

2011.05.27 携帯から
わけあってしばらくネットできませんが
大丈夫なので、さがさないでね。
バケラッタ
スポンサーサイト

なにを読もうかな。

2011.05.24 絵本・本
今年中学3年になった娘が、小学校に入学したことをきっかけに始めた
小学校での読み聞かせボランティア、なんと今年で9年目。

子どもの年齢が上がるに従って
家で読んだり、買ったりする本も
対象年齢が自然とあがっていくものだから

このところ、当番を組んでくださる方に
「できるだけ上級生のクラスにいれてくださーい」
なんていうコメントをつけていました。
低学年で読みたい、っていうボランティアさんもたくさんいるので
まあ、上級生のみの活動もできてたわけなんですが。

今年は、縁あって入学式に参列させていただきました。
着席する保護者の間を歩く、1年生が埋もれて見えない様子を見たせいで
また、一人ひとり、呼名されて誇らしくお返事する声を聞いてしまったせいで
なんだか、
ああ、この子たちとも本の世界を共有したいなあ、
って思っちゃったのです。

でも、何読んだらいいのかなあ。
久しく離れていたので、思いつかない。
本屋と図書館とはしごしてみたけど、見つからない。

1年生にとっては初めての「読み聞かせおばちゃん」になるので
第一印象大事だし。やっぱり緊張するなあ。

まずは、いっしょに声を出せるものもいいかな。
学校や、1年生が主役のおはなしとか。
ストーリーがない、ただおかしい本とか。
うーん、迷います。
六歳の子って、何分くらいなら退屈しないのかしら。
やっぱり、学校の図書室でも借りられる本がいいかな。

うーん。
難しい。
とりあえず、学校の図書室いってみっか。

第11回打ち合わせ

私たちですら、もう息切れしそうなんだから当然だけど
義両親が、打ち合わせをリタイヤしました。
もう、自分たちが使うところは決まったから、あとは任せる、と。

でも、結局はあとでダメ出しが120%でそうです。

今回も、細かい窓の位置やサイズ決め、そして造作のはなし。

ミシン部屋は、入り口が180センチ弱、オットの書斎は160センチ。
なので、既製品のドアでは当然合うものがありません。
ちゅうわけで造作。
ミシン部屋は上4分の1くらいをガラス、下を縦方向の板。
ガラス部分は桟で5等分、気泡・すり・気泡・すり・気泡ガラスと並べました。
ステンドガラスはいかがですか、ともいわれたんですが、
どちらかというと、質感の違った無色ガラスの組み合わせが好きです。
玄関横なので、あまり主張が強いのも、ね。

オットの書斎入り口は、プチオソロな意匠で
ガラス部分を少し短くして、やはり5等分。
オットは青いステンドグラス・無色気泡ガラス・青・気泡・青の並び。
ドアから入って、突き当たりには窓があるので、
主寝室側(書斎は主寝室を通り抜けた次の間)にさす光がきっときれい。
教会みたいになりそうですね、とは設計氏。
ミシン部屋に一生懸命で主寝室にいまいちテンションがもっていけなかったけど
おかしなもので、そのガラスが決まったことで
主寝室で過ごす時間も楽しみになりました。

ウォークインや各収納の中のこまかいことも決めましたが、
ま、それはいいかな。

玄関からリビングに入る引き戸のデザインについては
いくつか希望を伝え、来週提案していただくことになりました。
順調に行けば、海の日に地鎮祭ができるんじゃないか、
という話が、やっと出てきました。

夕方、ママ~学校からお手紙~とムスメからはプリントの束。
5枚もらって、そのうち3枚は出欠の返事が必要なプリント。
そのすべてを「出席」にして、
またスケジュール帳から白い日が3日消えました。


第10回打ち合わせ、いまごろ

第10回打ち合わせは、5月9日でした。
今回は部分的に、画像を載せようと思ってしまったのが災いして
いつにもましてあいだがあいてしまいました。
学校の役員の仕事も、連休明けから弁当持って日参です。
昨日は、5時間ワープロ打ち続け、400人分くらいの名簿ができて
やっと先が見えてきました。
あと、200人分です♪これは、6月一杯くらいまで猶予があります。

さて、打ち合わせの話に戻ります。
ってわけで、内容の大半を忘れてしまいました。
だいたいが、棚板をどんだけにする、とか窓の幅をどんだけにするとか
すりガラスにするとか、そういう話なのです。

そんな中、ユーティリティルームにまた大きな変化がありました。
前回の打ち合わせで、ユーティリティルーム(以後ミシン部屋)の
シンクについて、実験流しや病院流しのようなとにかく大きさ、そして平で
なるべくなら安い物、というオーダーを設計氏にしておきました。
その時点で、設計氏からはあまり色よい返事はなかったのです。
と、いうのも、実験流しはやはり実験用の素材を使っているので
たしか「鉛」なども使用しているんじゃないか、と。
安くて、バケツがおけて、まあ可愛げのあるものなら
実験流しにはこだわりません、っていう返事をしておきました。
そしたら、INAXに、家庭用のものとして、形としてはほとんどかわらない商品が
あったようです。
カタログとしては、家庭用の多目的流しにあります。S-5ってやつです。
幅60の奥行45、余裕でバケツがおけます。
深さが若干こころもとないので、正面と、シンクの両袖(9センチずつ)には
タイルを貼ったらどうか、ということになりました。
そこで、設計氏が、・・・とすると、と・・・
こうしたらどうでしょうかねえ、窓もつけられるようになるし。





地盤調査・・・結果

4月5日10時より。
晴天のもと、

スウェーデン式サウンディング試験方法

っていうので調査が行われました。
もともと、あんまり改良工事が必要でない地域だとは聞いてましたので
あんまり心配はしていなかったんですが
こればっかりは、やってみないとわからないってことで。

見てましたら、2Mくらいの鉄の棒をグイグイと差し込んでいくんですけど
5箇所中、2箇所の調査を見ていましたが
どちらも1本目の終わりくらいに、ガリガリガリと音がして
行き止まりになっていたので、まあ、予想通り大丈夫そうだ、と思ってました。

しかし、その日の速報で工務店営業氏から気になることを聞かされました。
「北側は硬いんだけど、南側が柔らかい」と。



南側って私が見たほうだよね?
1本目の鉄棒でガリガリ言ってたけど、それでも柔らかいの?

その後の打ち合わせで、正式に聞いた結果はちょっと違っていました。
おいおいおいおい、ですよ、営業氏。

南側も十分硬いんだけど、北側はもっと硬い。
それで、もしかしたらバランスがとれないかも、という話。
硬さは十分でも、バランスってことがあるのか。
その後、調査会社とはまた違う審査会社に審査を依頼して
調べてもらった結果を今日もらいました。

結局、何も手当はいらないだろう、と。
もともとが、硬い岩盤ベースの土地柄で、
コンクリートのベタ基礎、家の大きい部分がより硬い北にあるから、と。

あとは、地盤の保証のために保険に加入するかどうか、だそうです。
5万円くらいで、10年間最大5000万と。

微妙な数字だよねえ。

第9回打ち合わせ

いやもうほんとに、ブログアップする気力がないです。
第9回打ち合わせは、4月29日でした。
設計氏のスケジュールに合わせて、いつもとは違う展示場で。
遠くなるので、義両親は抜きで。

前半には、簡単に外構の人と話をしました。
敷地は決して狭くはないのですが、
建物もそれなりの大きさで、微妙に車が停めにくい。
そのうえ、義父がどうしてもカーポートを造りたいと。
アプローチ~玄関土間のプランとも絡んでくるので
外構のプロに、少し話を聞いてもらうことにしました。
ざっくりしたプランを立ててみましょうってことになってますので
どうなるか。

家の方は、小上がりの高さを決めたり、造作を少しずつ詰めたり。
中2階の造作カウンターの向きを変更して
ゴロゴロスペースが増えました。

面白いものですね、中2階には本棚と、ちょっとしたワークスペースと
設計氏には伝えていました。
そしてその、スペースは確保されていたんですが
ワークスペース(カウンター)の話をしていると
どうも何かが咬み合わない。
なぜかと思ったら、本の内容を言ってなかったせいでした。
あー、本っていいましたけど、絵本なので
カウンターの前では私の頭の中では、あぐらです。

え?てっきり、椅子かと・・・あ、絵本なんですか。
あぐらなら、そこに畳を敷きましょうか。

ってことで、中2階が思わずいい方向に転んで行きました。
他にも何か細かい話をした気がしますが、
明日も早いのでもう寝ます。
明日は第10回の打ち合わせです。

ヒミツ

2011.05.09 つれづれ


オットが寝てから、そして、ムスメが勉強してるときに、
さささっと寄ってきたムスコに渡された花。

土曜の昼間に作ったはずだから
やっぱりタイミングを彼なりにはかっていたのかな。


第8回打ち合わせ

実際には4月23日に行われた第8回。
細かいことの相談が、行きつ戻りつで、

一方PTAの仕事で毎日のように学校、
そして、家庭訪問や懇談会、内職と
ちっちゃいちっちゃい私のキャパを超える用事が押し寄せて
文章など書く心の余裕が持てないこの1週間ほど。

でも一応ここに書き出しとかないとね。

(造作)
 ・シューズクローク、片側靴用8段可動棚、
  反対側はパイプハンガー+固定棚2段
  靴側の壁はモイス、ハンガー側には何かしらのクロスか塗かを施工

 ・トイレの横の棚、奥行はトイレを広げた分の30。
  扉なし、5段可動棚
 
 ・義両親の部屋の出窓、和室の地窓の格子はレッドシダーで縦の格子
  トリムなどと同じ焦げ茶色で。
 
 ・玄関入って正面の壁(←数少ないまとまった面積の壁)にニッチ
  高さ40×幅78×奥行10センチくらい、
  ニッチは角がきれいに出るように塗りの方向で
 
(仕様)
 ・トイレの幅を30増やした残りの15センチはダイニングに足す。
 
 ・玄関ポーチは洗い出し、縁石

 ・玄関土間は三和土(商品名:タタキバインド

 ・屋外の立水栓は風呂の外と、シューズクロークの外
  足洗い場などは設けずシンクは別途手配。(するかどうかも別途検討)

書いてみてよかったです。
設計氏の書いてくれたメモには、よく見たらかいてあるけど
忘れていたこともちらほら。
そして、このあと、飛び込みでイナックスのショールームに向かいました。 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。