スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり木の一本くらいは

家を建て始めると、いらないや、と思っていたものも
やっぱりあった方がいいのかな、と思ったり。

または、えーー?そんなもの必要なのぉ?ってことがあったり。
まー、賃貸アパート生活が長いと
テレビのアンテナつけるのに何万もかかるなんて
ちーっとも知りませんでした。
まして、うちのオットは、電気関係なんてとんと疎くて
たとえば台風でアンテナが明後日の方に向いたとして
だからどうすればいいか、なんていう対策は絶対とってくれそうもありません。
台風がきそう、ってなれば、
「お前、アンテナがどうにかならんように、なんとかしとけよ。」
って私に言うだけでしょうな。
なんとかってなんだよっ。っていい返しても
誰かに聞くか、調べるかして、なんとかしとけよ、俺は仕事だ。

けっ。

て、エア夫婦喧嘩しちゃいました、すみません。
アンテナは大丈夫です。オットもそこは自覚があるみたいで
「光」にします。
会社は選定中。
でも、選定は「お前なんとかしとけよ」になるでしょうな。

なんとかってなんだ・・・以下略。

今日のテーマに戻ります。

夫婦そろいもそろって、ガーデニングには一ミリも興味なし。
外構打ち合わせでは
「とにかく手のいらないようにしてください。
 必要なのは、裏の柵、洗濯物干し場の屋根、父のカーポート。
 あとは何にもいらない。
 砂利でもコンクリでもなんでもいいから、安くて手のいらないのを敷いてください」
って、言うような夫婦です。

でもさ、家が形になってくると、
なんといいますか、やっぱり木の1本や2本、
あったほうがいいなあ、って思い始めるんですね。
自分でびっくりしてます。
目隠しの必要な窓があるっていう現実問題もありますしね。

あ、でも1本や2本でいいですよ、それ以上はムリです。
今日はだらだらと、「シンボルツリー」について検索してました。

どんな木がいいだろうか。

・家が古民家風な外観なので、できれば日本に昔からある木
・花や実は、求めない
・紅葉する木
・いろいろ面倒な木はいやだ

「かつら」ってどおかなあ?

そんなこんなしてるところに娘が帰宅。
「何調べてんの?」「木」
そして、あれやこれや私の考えを語りますと
「和風なんだから、もみじでいいやん?」
「!なんてまっとうなことを言う子でしょう。もみじねえ、悪くない」

「松は?」
「葉っぱは広がってる方がいいの!」
「はーん、広葉樹ね」
「をを、そんな単語知ってるのね、さすが受験生」
(広葉樹だけで受験が乗り切れれば苦労はない)
「みんなの誕生花調べたら?」
・・・娘検索中・・・
「あ、私の誕生花、ハナミズキやん。ハナミズキは?」

「日本原産じゃないけど、悪くないねえ。
 う~すべ~にいろのぉ~♪♪」
「歌わんでいいわ」
「こういうの?(と白いハナミズキの画像を娘にみせる)」
「いやいや、やっぱりちょっとピンクい花がいい」
「やっぱり、う~すべ~にいろのぉ~♪♪」
「歌わなくていいから」

「オリーブは?」
「オリーブの木は好きなんだけどね、オリーブの実がきらいなんよ」
「なんか、実のなる木も1本あったらよくない?」
「そうよねえ、何がいいかなあ」
「ブルーベリーとか」
「いいんじゃない?でも、ママは、ブルーベリーも食べれん」
「プチトマトとか」
「木じゃないし」

そんなこんなで、メインサブ関係なく、
また実現可能かどうか関係なく、
今のところあげてみた候補は以下の通り。

カツラ
ハナミズキ
ヒメシャラ
モミジ
モッコウバラ
ブーゲンビリア
オリーブ
ブルーベリー
キンカン
サクラ
ボダイジュ


スポンサーサイト

天井下地とかお気に入りポイントとか

1109キッチン

我が家は1階では、2階の床の裏ッかわと吹き抜けでは屋根板が
現れている作りですが
1階水回りと台所は天井が貼られます。
もったいない気もしますが。

キッチンで天井下地が作られていました。
それから、キッチンカウンターから中2階を眺めた景色。

1109キッチンから中2階

向こうに段違いの梁が見えますか。
低いほうが中2階のレベル。
脚立がおいてあるところには、カウンターが造作され
畳敷きのPCコーナーになります。その背後は幅3M60の本棚。
縦滑り窓も2枚見えます。
ここがたぶん、私の一番好きな眺めになりそうです。
で、高いほうの梁が2階のレベル。

最後にひそかなお気に入りポイントをもうひとつ。
1109洋室入り口
義両親の部屋の入り口は45度斜めになっています。
部屋はその分狭くなりましたが、車いすのターンなどがしやすいはずです。

階段の踏み板も届いていました。
まだ包みがほどかれていませんが、今週中にはつくかな。

スイッチ位置確認に行ったらお風呂が。

タイトルで、今日の内容は全部わかっちゃいますね。

日程がとれなくて、
暗くなる前に何とか終われる時刻ということで
17時からスイッチ位置の確認打ち合わせをしました。
現場監督氏と電気屋さんと私たち夫婦。

上棟直後に配線確認をして、
その後変更になったところや、実際のスイッチプレートの位置を
ひとつひとつ確認です。
梁があって、ずらさないといけないものをどこにずらすとか。
ロフトの照明とかは、やっぱり体感しないと決められないですね。
オットが実際に電気屋さんとロフトにのぼって決めました。

そうこうして、洗面所のスイッチ確認しようとしたら。

「あの、これ、お風呂ですよね?」
養生された浴室のドアがついている。
ユニットバスなので、ドアだけがついているわけでもなく
ドアをあければ、黄緑のアクセントパネルも鮮やかなサザナが。

義母の足腰の状態は、打ち合わせ時点で相当悪かったので
浴室内には3か所手すりをつけるようにしていました。
・浴槽奥側の上
・洗い場前面壁
・浴室に入ってから洗い場にたどりつくまで
このうち、上のふたつは、付ける場所は決まっています。
3つ目は高さの調節が必要なので
今日の時点ではついていませんでした。
あとで相談になるそうです。

ま、電気の打ち合わせは暗くなるなか、工事用の照明の明りを借りて
なんとか1時間ほどで確認し終わりました。

帰り際に監督氏に
「なんか今週この先、楽しくなるイベントありますか?」
と、尋ねると、
「階段ですね、それから、造作の棚、カウンターがつきます。
 そして壁ができ始めます。
 これでだいぶ、形がみえてくるようになりますよ」

階段!!

今日も脚立の位置を細かく指定してぎゃあぎゃあ2階にあがり
壁からお尻を離せないまま2階の確認作業をいたしました。
そんなことも、今日で最後。
今週末には、階段を使って2階に行けます(T_T)

あれ?でも、手すりはまだですか?

まあいいや。階段だけでも。

あと、ひとつ、ずっと気がかりだったことをききました。
「ユーティリティ(ミシン部屋)の床、なんで張らないんですか?」

答えは意外なものでした。

「材料が足りなくて取り寄せ中です♪」

監督氏に尋ねると、奥深かったり、専門的でほえーってなることだったり
楽しいんですが、
こうして、なんでもないこともあったりして。それも楽しいですね。


あ、もうひとつ楽しいことがあるよ♪
なんか、はずみで買っちゃったレンズが届きますよ。
さて、オットにはいくらっていおうかな。テヘ

外壁のテクスチャ

ただいま現場は、写真がとりにくい状況になっています。

耐力壁+防水シートが貼られた外観は変わり映えなし。
内部でカメラを構えても、近場すぎてフレームに収まらないし。
で、内部も窓周りの下地とか、
壁ができるところの下地とか、
こまごました作業が進んでいるので、これまた変化を見つけにくい。

それでも、今日は、外壁に「通気胴縁」が貼られていました。
壁の内部に空気を通すための細い材木です。
そのうえにボードが貼られ、そして、カルクウォールが塗られるわけですね。

今日は、カルクウォールの仕上げ方を相談するために
現場に行ってきました。
営業氏が左官さんを呼んで、現場監督立会いのもと
実際にボードにカルクウォールを塗ってもらいました。

古民家風の外観にしたかった私の中では
漆喰の壁は、たとえば江戸時代の武家屋敷跡でみるような
ぺたーっとした塗り方こそが漆喰だったのですが。
どうも、工務店の施工例をみると、もっとざらっとしてるし鏝あとも残っている。
ちょっとイメージがちがうんだけど。

まあ、ここの工務店は、最近は古民家風の施工例も増えたけど
どちらかというと、
カントリーとか南欧風とかを好む顧客の施工が多い。
路線が違うのだよね。

外壁は、遠目でみるし日光にあたる。
そうすると、かなりざらついた感じにしあげても凹凸が目立たない。
また、もしクラックがはいって補修するときのことを考えると
ざらついた仕上げにしておいた方が、
手当てした部分が目立ちにくい。
というレクチャーを聞きながら、左官さんの塗った壁をみる。

うーん、やっぱり模様が入りすぎだよなあ・・・
と思って道の向こうに渡ってみると、
「あれ?そうでもない」
「乾くともっと、目立たなくなります。ってことは、
 これ以上ぺたーっとした塗り方をすると、塗った感がなくなりますよ」
えーー?せっかくの塗り壁なのにぃ?

ってわけで、結局は、武家屋敷の漆喰壁は却下。
ざらついた仕上がりで、その代わり鏝なみは
なるべく半径の大きい扇型でお願いします。
ぐりんぐりんってなったのは、やっぱり抵抗があります。
っていうところで決めてもらいました。
左官さんが試し塗りしたボードは、
また日をおいて、乾いたところを見に行こうと思います。

って、だらだらと言葉だけではわかりにくいよね。
すみません。


今日の現場


現場に行くと、棟梁が、何か細かい作業をしてました。

話しかけにくいオーラが漂ってます。


床下収納のフタみたいです。

岩合光昭写真展~どうぶつ家族~

2011.09.19 おでかけ
big_iwago_110913.jpg

ふう。
行ってまいりました。

最近、めっきりお出かけについてこない子どもたちを
なだめすかして脅かして、連れて行きました。
まあ、見ればわかるんだから、いいものはいいって。

特に、息子のぶすくれ様はひどいものでしたが
展覧会を見終わったときには、ニコニコ笑顔でした。

なぜ、そうまでして子どもたちを連れて行ったか。
そりゃ、見せたかったからが一番ですが、


高校生以下はタダだったからです。

子どもの料金が安く設定してあるのは
将来ある子どもたちに、少しでもたくさんの経験をさせやすくするため、と
理解していますので
「無料」設定ということは、
岩合さんがぜひ、子どもたちに見せたいって言ってるってことだと
思いました。

展覧会は、9月20日発売の写真集「どうぶつ家族」のものです。

13時のギャラリートークに合わせて、12時ごろ会場入りしました。
10時から写真集を買った人先着100名にサイン会の整理券配布ってことでしたが
ダメモトで尋ねてみたところ88番の整理券をゲットできました。

ギャラリートークでは、
集まった聴衆の多さに鳥肌が、とおっしゃってました。
世界をまたにかけ、時には猛獣をおい、時には海にもぐり、時には氷原を歩く
岩合氏でも人の群れには鳥肌が立つんですね。
素朴で、気取らず、気さくなお話ぶり、
どの写真のエピソードにも写真への熱意、動物への愛情が
あふれていました。
30分ほどの、トークショーの後、サイン会です。
子どもも連れて並びました。
サインの前には、一人ひとりにこんにちは、と目を見て挨拶され
サインのあとには、一人ひとりに握手をしていただきました。

くまさんみたいな風貌ですが(感じ方には個人差があります)
その手は意外にも繊細な感じがしました。

三越のサイトから拝借した冒頭の写真は
メス2頭とその子どもたちからなるプライドで
1頭のメスが狩りにでかけ、そのメスが一緒に行こうよと呼ぶのだけど
「え~、行かなきゃダメかしら、
 私は子どもたちと遊んでいたいわ」って寝そべるメスライオンだそうです。
人間の言葉では「百獣の王」とはいいますが
狩りをするより、子どもと遊んでいたいライオンもいるっていうのが
おもしろく、そして、いとおしいですね。

1階の床

17日土曜は、外壁の塗りパターンを見学するために
ひさしぶりの、工務店の完成見学会に行きました。
外壁についての話はいずれまた。

で、見学会の前に寄ったら。

1109床

1階の床が張られ始めていました。
東向きのリビング掃き出し窓から、朝の光がまぶしいです。
杉の赤身と白身のツートンがいい具合じゃないですか。

おそるおそる、作業の邪魔にならないところに
足をおいて、床にあがってみました。




吸いつくーー!!
靴下越しにもしっとりと吸いつきます。
ずっとずっとほしかった、杉の床
そして、作業の最前線。

1109床と羊毛




基礎、土台の上には断熱材のミラフォーム、それから羊毛、
そのうえに燻煙処理した球磨地方の杉の30ミリ厚の板。

あーん、早くこの床の上でごろごろしたーい。

赤とか青とか

1109水道

湯沸しのボイラーは浴室の外に設置します。
そこから、水を運ぶ管が伸びてました。
青が水で、赤がお湯。
洗面浴室を背中にしての撮影。
すぐ、左に水の管が2本まがっているところがトイレ。
その先に、赤と青が1本ずつまがっているところがキッチン。

そして、ユーティリティルーム横の洗面に水が1本と
2階のトイレにもう1本。
その2本が家の北のほうに向かって伸びています。

床下って今しか見られないけど、いろんなものが通ってるんですね。

今日の現場


大工さんはお休みでしたが、断熱材のウールがとどいてました。

今日の現場その2


ミシン部屋の窓(*_*)

ガラスが入ってる!!
透明ガラスのところは全部はいっていました。
型板ガラスはまだのようです。
ここには、うすーい麻の布でも垂らすかな。

今日の現場


オイルが塗られてかつこいぃ

ドノスダークブラウンが、軒に塗られてました。
オットと二人で口を開けて軒を見上げ
「かっこいいねえ」
「かっこいいよねえ」
と、何度もいいました。

ペーパーホルダー

タオルかけは、トイレも洗面も
工務店の標準品(トイレはTOTO、洗面はゴーリキ)をつけますが
ペーパーホルダーは施主支給にします。

うちは、生協のコアノン愛好一家なので
2階のトイレにはコアノン専用に生協で購入して現在使っている
ペーパーホルダーを取り付けます。
ほんとは、いいのを新調したいのですが
コアノン仕様のペーパーホルダー、なかなかいいものはありませぬ。

1階はおもに義両親とお客様のためのトイレになるので
ホルダーの見た目も、ペーパーの柔らかさも重要かと思い
コアノンを使うことは断念です。
で、ホルダー購入

同ショップで、何かいっしょに買えるものはないかと物色。
そして、玄関先や、私の部屋など、ちょいかけのフックを3個購入。

2階に上がってみた

ネットでおおわれて、全貌はなかなか見難い我が家ですが
少しずつ現場はすすんでおります。

耐力壁モイスが貼られ、窓枠が入り(窓は来週)、電気配線がすみ
瓦工事もあとちょっとで終了です。
それから、2階の床板が貼られていました。
35ミリ厚の杉板です。

そこで監督氏に頼んで、2階に上がらせてもらいました。

はしごで。

もちろん、汚れたり傷がはいったりしないように
養生されていますが、2階からベランダ越しの景色とか
吹き抜けの見下ろした感じとかはわかります。
壁はできていないので、柱から仕切りを想像します。

で、想像しなくても、この部屋だけは
なんとなく完成図が分かる感じになっていました。
オットの書斎です。
義両親の部屋のロフト的な位置になります。
位置としてはそうですが、完全に個室として作られます。
静かで誰にも邪魔されず、趣味を楽しむ部屋なので
窓は小さめ、天井低め、いい感じの閉塞感。
オレの部屋にうっとりして立つオットは、消しゴム処理しておきます。

1109書斎

玄関上の中2階は、畳が敷かれるところだけ板が打ってありました。
床板はまだこれからのようです。
畳コーナーには、造作机、座って使うPCコーナーです。
床板がまだはられていないところから、玄関の開口が見えています。

1109中2階

吹き抜け、傾斜天井の開放感もこの家の魅力ですが
中2階を作ることによって、玄関の天井は若干低めです。
リビングからこの低い玄関ホールを見る景色は、
和の家らしくてとても好きなポイントです。

来週には、窓が入り、壁が立ち上がるそうです。
また、1階床や壁に断熱材が入ります。断熱材は100%ウールです。

今日の現場


娘のたっての希望で、マービンのサッシ

今日の現場


分電盤がつくところにはこんなにコードがw(゜o゜)w

電気配線の確認

今日は、現場に現場監督氏と電気工事やさんと集合して
コンセントや照明位置の確認をしました。

上棟のあと台風が来て、いろいろ心配だったんですが
屋根板の上の遮熱材、防水シート、防塵ネットで囲われて
うちのスギ(構造材はすべて燻煙された杉)さん達は、みなさんお元気でした。
ナニヨリナニヨリヽ(^。^)ノ

上棟から1週間の間に、表面上はそうわかりませんが
窓枠の仕舞いがなされていたようです。
明日からの作業で、屋根がのり、外壁のモイスが貼られ、
サッシも入るそうです。

さて、電気電気。
照明が付けられる位置には緑のテープでマーキングしてありました。
照明に関しては、プロに計算してもらった位置なので
はい、そうですね、
ナルホドナルホドφ(゚Д゚ )フムフム…
・・って感じで順番に終わって参ります。

で、いくつかコンセント位置の変更をこちらから申し出ました。
ほぼゲストルームになるであろう小上がり和室のエアコンコンセントは
なくして、ダイニングに移動してもらいました。
レンジフードの裏側にあたる場所。
その風下に、和室があるので問題なかろう、と。

懸案のキッチンカウンター前のコンセントはまた保留になりました。
吊戸照明にコンセントがあるから、
食洗機用のコンセントを2口(+アース)にしておけば必要ないといいましたら
食洗機用のコンセントは、食洗機をおいたら使えなくなると
思っておいたほうがいい、と電気やさん。
そのとき、吊戸のコンセントだけで足りますか?と言われ・・・
・・・もいちど持ち帰ります。となりました。

キッチンでは監督氏が電気やさんに「IHじゃないんで、この電源はなしで・・・」と
いう会話を始めました。
そこで監督氏「あ、そうするとガス漏れ警報器がいるな・・・
  どうします?戸建ては任意ではあるんですけど。」
今は、キッチンの足元の巾木にとりつけていますが
何しろクリナップのキッチンの売りは、床ギリギリまでのフロアコンテナ。
キッチンの足元にはつけられない。
引き出し式だから、キッチン横の壁にもつけられない。
背面の食器棚には巾木があるから警報機はサイズ次第でつけられるけど
やはり引き出し収納だからコンセントがさせない。
あ、うちはプロパンですから、警報機は足元なんです。

少しガスからは離れるけど、冷蔵庫の足元ならどうだろう、ということになりました。
で、冷蔵庫のサイズの再確認、警報機のサイズの確認後
電気やさんと監督氏に検討してもらうことに。

義両親の部屋。
南西向きに出窓、南東向きに掃き出しです。
で、出窓に沿って義母のベッドを置く予定。
そのベッドの向きによっては、コンセント位置がかわるよな、と。
できれば頭の方にあったほうがいいんじゃないかと。
で、掃き出し窓の横足元に1箇所、そして、出窓の上に1箇所足しました。

うちの土地は、45度ふれていて
南東、北西面が長い形をしています。
勝手口は北西面の真ん中。そこからでて、北の角を曲がり
北東面を通ってのゴミ出しになります。
北の角をまがるときが、暗そう。(うちの自治体の回収は夜)
で、北の角から北東面のどこかにセンサーライトをつけてもらうことに。
結局、北東面には物干し兼自転車小屋になるテラスを設置するので
その屋根にとりつければ、
暗くなって自転車で帰宅したときにも便利なライトになるだろう、ってことで。
あとは、外構さんと相談してもらうことにしました。

ひと通りの確認がすんだあと、
メーター位置の確認。
外からの電線を引いてくるのに、
南西面か北東面に(家の両サイドのどちらか)メーターを取り付ける必要があります。
電気やさんの提案は南西面でした。
というのも、メーターから分電盤までの距離に制限があり
南西の角にある風呂につづく洗面所に分電盤を取り付ける予定になっているので
メーターも必然的にそこだ、という話。
しかし、西の角は義父が畑を作りたいと楽しみにしている場所。
電線通るのいやじゃないかな、、、と。
ガスメーターは北東面になっているし、どうせなら電気も北東に置きたい。
そこで、設計の時には相談するひまがなかったけど、
電話コーナーと言う名の半間の収納、そこに電話の親機をはじめ、
モデムの類を集中して設置するスペースが、
それこそ家の北東より玄関、ユーティリティルームの裏っかわにあるのです。
そこの棚の上方に分電盤をつけていただくことにしました。解決。

オットが、電気自動車のコンセントについての相談もしてみましたが
結局、まだよく将来性がわからないものなので
いらないかな、という話になりました。
最近完工した、市内の現場では
まだよく将来性がわからないけどつけたい、といってつけられたそうです。
自動車のガソリン以外のエネルギーは
バイオエタノールや水素など、いろんなものが開発されつつありますよね。
将来どれが主流になっていくのか、まだ見えないうちに
大金持ちでもないのに、投資しなくてもいいのかな、という結論です。

憧れの白い漆喰壁の家だけど、
生活していくためには、そこにいろんなものをくっつけないといけません。
ガスメーター、電気メーター、センサーライト、外用のコンセント、テラス。
なんかもう、これ以上くっつけないでって思います。
車のコンセントは、ちょっと、後回しでいいかなって。

それにしても、基礎の上に、土台、大引だけの状態で
歩きまわるのはほんとにコワイ。
キッチンまわりの相談をしているとき、
白熱しすぎて足をすべらせたことは
ヒミツにしておいてください。
あちこちが筋肉痛になってます。


じーじの記憶

2011.09.04 つれづれ
昨日、ふと娘が
「じーじの血液型ってなに?」と尋ねてきました。

「O型」

「んふふ。」

「?」

「小さいころ、何回聞いても『オレはガタガタ』っていうから
 ほんとにそうかと思っていた頃があったよ」って。

まったくふざけたオヤジです。

クリナップSS対クラッソ

結構この比較で検索して来られる方も多いので
いつか記事にしようしようと思っていたのですが。
今日、ざっくり書いておきます。

明日早いので、せっかく記事にするわりに雑な内容になることをお赦しくだせえ。

クリナップSSとクラッソの何を比較したいかはひとそれぞれだと思います。
収納力?
設備?
でもやっぱり、値段かな?
住設の値段はほんとに見積もりしてもらわないとわからないですもんね。

私の条件を挙げておきます。
<クラッソ>
水栓・・・カートリッジ内蔵型浄水器
      水ほうき水栓もいいな、と思ったけど
      浄水専用水栓を別につけるのがめんどくさいから。
カウンタートップ・・・ステンレス
      ステンレスはたぶん安くなるんだけど
      据え置き型食洗機のためのスペースを確保してもらったので
      そこは大きな加算になったと思います。
      シンクの場所がかわることで、引き出しの組み合わせも変わるから。
調理機器・・・ガラストップ両面焼きグリル
フード・・・ゼロフィルターフード
・調理機器、フードの組み合わせは、「おすすめプラン」と同じだと思います。
その他・・・収納関係は全く標準のまま、面材は1番下のランク
      フットスイッチ追加。

<SSライトパッケージ>
水栓・・・カートリッジ内蔵型浄水器
     TOTOのものとほぼ同じクラスのINAX製
カウンタートップ・・・ステンレス
     ライトパッケージは、カウンターの形をいじると大幅アップになるのですが
     たまたま、据え置きの食洗機を置くスペースがとれる形でした。
調理機器・・・ガラストップ両面焼きグリル(ガラストップの中でいちばん安いの)
フード・・・とってもクリーンフード
その他・・・吊戸の一部を、水切りにして照明埋め込みにしてもらいました。
     面材はこちらも1番下のランク

水栓、コンロ、フード、面材のクラスはほぼ同等です。
キッチンパネルの見積もりは省略します。

で、SSライトパッケージのほうが断然安く出てきました。
10万近く違ったと思います。
大きな違いは、カウンターの形をいじったかどうか、と
クラッソがほんとに出ハナで、もしかしたら割引率が低かったのかもと思います。
(あくまで、かも、です)
フットスイッチがつけられるメーカーはTOTOしかなかったし
なによりクラッソは「87.5センチ」というカウンター高が選べました。

この2点はものすごく私にとって大きかったけど
SSのステンレスキャビネットへのあこがれもまた、とても大きかった。
そして、カウンターの形が、私のほしいものとばっちり合っていた。
甲乙つけ難い・・・と思われた勝負でしたが
値段を見て、あっさりとSSライトパッケージに軍配があがりました。

繰り返しますが、住設は、オプションや面材のクラスで
大きく値段が変わってきますし
メーカーによって割引率が変わるし
また、HMとの相性もあるようです。
私のとった見積が、そのまま、あなたにあてはまるとは限りません。
とにかく、興味を持ったものは手間を惜しまず見積もりをとることかな、と思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。