スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッチン施工

今日はこれ。

1111SSクリナップネーム

キッチンの施工です。

スタンバイの扉の皆さん。

1111SS扉引出

スタンバイのワークトップさん。

1111SSワークトップ

SSの引き出しさんも。

1111SS引き出し

食器棚はクリンレディの、この色。

1111背面収納

つり戸棚もつけます。

1111SS吊り戸棚

じゃじゃーん、キャビネット。

1111SSキャビネット
(拡大画像ちょっと大きめ♪)

ずっといるわけにもいかず、完全な形で見られるのは引き渡しのときかな。
スポンサーサイト

住器搬入と面格子

1111住器搬入

金曜日は、住器搬入でした。

うちの水まわりは、システムバスがTOTO。
システムキッチン、背面収納がクリナップ。
それ以外、つまり、2か所のトイレ、洗面台、マルチシンクはINAXです。

システムバスはとっくに設置されています。
キッチンは28日の予定。

それ以外のすべてが搬入されたというわけ。
設置はクロスが完了する12月1日以降。

これ、マルチシンク♪

1111住器搬入2

そして、テンションあがるものが!

1111面格子

和室の吊り押し入れの下の地窓に造作の面格子。
やっぱり、造作してもらってよかったなあ~。
道路に面した、義両親の部屋も面格子ついているけど
義父が、木の格子が心配とかいって、サッシのやつ。
木の方が断然素敵なのに。
どっちが防犯性が高いかはわかりませんけどね。
そして、この造作面格子が着いた窓は、
お隣のおばあちゃんと、私くらいしか、見る人はいなさそうですけど。
いいよ、私が一生かけて愛し続けるから。




クロス貼り-あっちもこっちもできてる!

まずは、ダイニング。
っていうか、この壁紙はドアなどで区切られたスペース以外のすべての場所用。
東リ環境壁紙WEN5010。
これが、あっという間に終わってました。
お兄さん一人なのに、早いです。

1111壁紙ダイニング

次は、ユーティリティ横のマルチシンク洗面。
WEN5283。

1111壁紙マルチシンク洗面

そして和室も。
WEN5077。

1111壁紙和室

それから、ユーティリティ。
WEN5113。地味だけど、とても気に入っています。

1111壁紙ユーティリティ

一番楽しみにしていたのが、キッチンのクロス。
濃い目のベージュに、オレンジのフリーハンドドット。
キッチンの木目、カップボードのくすんだオレンジに絶対合うはず。
WEN5218。

1111壁紙カウンター

1111壁紙キッチン

残すは、クロスの作業場になっていた、義両親の部屋とメインの洗面所。

アパート解約手続き

まさか、ここに17年も住むとは思わずに契約したのですが。
思った以上の長居になりました。

エレベーターのない4階(5階建て)で
子育て時代は、しんどい思いもしました。
若かったので、発育のいい娘を抱っこして、

買い物袋と、ベビーカーをかついで
一気に駆け上がったものです。
休むと先が辛くなるからね。

ゴミだし、資源回収のたびに、階段を恨みました。

いや、2~3年のはずだったんです。

どこに住むべきか、で義両親と折り合いがつかないまま
時がすぎていきました。

引っ越しの日取りも決まり、退去の手続きです。
11月26日手続きなので最終家賃は12月25日まで。
ここに来た時も、クリスマス3連休での引っ越しでした。
火災保険の更新が12月で、年末調整に間に合わず
次は、12月に引っ越しなんかしない、と思っていたけど
やっぱりまた12月になっちゃいました。

たくさん引っ越しはしたけれど、もうおそらくは最後の引っ越し。

たくさん引っ越ししたので知ってますよ。
「えー、敷金から原状復帰の費用を引いて口座に振り込みますね」
「原状復帰って、17年も住んでますからね家賃で償却されてるでしょ。
 7~8年住めば償却されるはずですよ」
「え、まあ、そうですが。」

と、一応「なめんなよ」猫パンチをかましておきました。

クロス貼り-吹き抜けとぴんころ

1111ぴんころ

2時半ごろ現場に行ったら、玄関ポーチで左官さんがピンコロ並べていました。
ポーチは、洗い出し仕上げになります。

ところで、クロス貼りは、
私が着いたとき中2階の作業中でした。
洗面所もキッチンもできていなかったので、
「意外とすすんでないの?」って思って見回したら

1111壁紙中2階

吹き抜けと、中2階、それから2階廊下の梁より上。
つまり、足場が必要なところの壁紙が全部貼られていました。

1111壁紙吹き抜け

クロス貼り-主寝室、書斎

1111壁紙主寝室南
 
祝日ですが、作業中です。
ふたつの子ども部屋を通り過ぎた、南のつきあたりが主寝室。
ドアを開けた正面がアクセントクロスWEN5306です。
ちょっと和紙っぽいテイストのクロスです。
その他の壁は白い壁WEN5052。

1111壁紙主寝室ロフト

ベランダの対面側に、WICがあって、その上をロフトにしています。

つきあたりが主寝室といいましたが、ほんとのつきあたりは書斎です。

その入り口がここ。高さ160センチの低い戸は造作中。

1111壁紙主寝室書斎

中は、何度か登場していますが、壁紙がつくとこんな感じ。

1111壁紙書斎

入って右手が収納で、その壁がアクセントクロスWEN5303。
主寝室のアクセントクロスの色違いです。
その他の白い壁はWEN5002。かなりオーソドックスなクロスです。

次はどこだろう。
今週末から来週初めにかけて住器が入り、
キッチンの施工なども予定されているので水まわりかな。

クロス貼りすすむ-子ども部屋

1111壁紙娘部屋

今日朝から現場へ行くと、外では左官さんがハウスシューズの施工中。
基礎コンクリート部分がきれいにお化粧されていました。

中では、クロス屋さんが作業中。
昨日、娘の部屋ができて、今日は息子の部屋で作業中です。

最初に娘の部屋の様子。

子どもたちの部屋はクローゼットをはさんで左右対称。
娘の部屋は入ると左手にクローゼット、正面に引き違い窓、
右手には、マーヴィンのダブルハングの窓

引き違い窓の面をアクセントクロスにして(東リ環境壁紙WEN5233)
それ以外の壁をキナリに貼り分けています。(WEN5106)

息子の部屋は、入って正面が引き違い窓。
右手がクローゼット、左手は主寝室になるので、窓はありません。

息子は私のアドバイス通り、クローゼットの面をアクセントクロスにしました。
実はこの面には、部屋の照明のスイッチプレートがあるのです。
紙クロスなので、少年のスイッチプレートのまわりは
きっと自然とグレーになるに違いありません。ならば最初から。

1111壁紙息子部屋

アクセントクロスは、WEN5108、その他の3面はWEN5101。
娘の部屋のキナリ部分より白に近い色です。
「オレはシンプルにしたい」といって本人が選んだ色。
シンプルだけど、幅木やクローゼットの棚板のウォルナットともよくあって
少年らしい、かっこいい貼り分けになりました。

引っ越しの見積もり-3人の業者

11月某日、9時30分。
きっかりにサカイの営業氏が来る。
そして、引っ越し見積もり合戦が始まりました。

  
 
 

壁紙作業中

1111内部足場1
 
金曜の朝、監督氏とちょっと話があったので
ちらっと現場に行ったとき、内部足場の機材が運び込まれていました。

今日、昼過ぎに、娘と行ってみたら吹き抜けにそびえる内部足場。
私なんか、見ただけでお尻がぞくぞくするくらい怖いのに
娘は、みるなり
「うわーのぼりたいのぼりたい♪」
ナントカは高いところに登りたがるっていうけどさ。

1111内部足場2

なんのための、内部足場かと申しますと、それはもう。
これ。
1111壁紙置き場
壁紙作業のためですね。もちろん。

12月3日まで、この足場さんが家の中にいます。
1階の、義両親のWICが壁紙置き場になっており、
義両親の部屋に壁紙カッターが置かれていました。

1111壁紙娘

特別出演、我が家の姫様が
ご自分のお部屋のアクセントクロスを見つけてご満悦でございます。

1111壁紙作業中

そして、このように作業中。
あれよあれよと、トイレがいっちょう上がり。
いろんな道具が出てきて、手際良く仕上がっていくのを
娘とふたり、飽きずに見学していました。

今日の現場


ユーティリティカウンターの電源コード通す穴。
壁紙のための、下処理も始まってます。

足場がとれた

1111足場がとれた

11月15日、とうとう足場がとれました。
この日は朝の読み聞かせ、午後は参観懇談に参加して
現場に行ったのは、16時過ぎ。

クリックすると、いつもより大きめ画像になっております。
車は棟梁のものです、うちのではありません。

外観の説明をしようかと思いましたが、
キーボード入力がなんだかうまくいきませんので
今日はこれにて。

明日から、現場はクロス貼りが行われます。

防塵ネットがとれた

今日はまた、朝から業者と打ち合わせが3本。
9時に外構さんと会うことが決まった後、
引っ越し業者さんとも打ち合わせが必要になったので
8時50分に現場に来ていただくことに。

前回見積もりの時に私が聞いた話を、ざっくりオットにもしてもらって
当日までの流れを確認。

15分ほど話したあと、外構さんと打ち合わせ。
とにかく、凝ったことは何もなし。
必要なのは、義父のカーポートと物干しテラス。
義父の車以外の駐車スペースは、コンクリートと芝生で適当に(←)

門柱に、表札、ポスト、インターフォンをつけることにしたので
その門柱をどこに置くか、という話もしました。
あまり家に近いと、リビングの掃き出し窓の中をのぞかれそう。
かといって、あまり外に出すと
新聞や郵便物をとりに行くのが大変。
また、通りがかりのいたずらも気になる。
車の出し入れや、自転車の出し入れともぶつからないようにと。

だいたいのところで、位置を決め次に植栽。
家の雰囲気と、前回、リビング前の目隠しに常緑が欲しいといっておいたので
そこには、シマトネリコを提案してもらってました。
あとは、お友達に勧めていただいたリストの中から
ズボラーにも楽しめる木を、ってことで、オリーブとレモンを植えてもらうことに。
それから、実用性だけでなく、かわいいものも、ってことで
ジューンベリー。

とりあえず、最初にはそんなところです。あとは、おいおいね。

そうこうしているところに、BBIQの光テレビの担当者が。
前もって来てもらっていた電気工事の担当者と
分配器や、電話の取り付け位置などを確認してもらって
工事日程の打ち合わせ。

それで、室内にも入ったんですが、
この数日は、大工さんが別の現場の応援とかでとくに変化なし。

11時過ぎにいったん帰宅し、今度は娘と買いものに。

買いもののあと、娘が、現場を見たいといいだしまして。
ただ、大工さんお休みだから、外からだけだよ、と
いいながら、現場に行ってみたら。

なんということでしょう!!

二人で「あっ」と、声をあげました。
午前中には、まだかけてあった、ブルーの防塵ネットがはがされていたのです。
足場の解体予定はまだですが、ネットがないだけで
外観がよくわかるようになってました。
急いで帰宅して、オットとともにカメラを持って現場に舞い戻ります。


まだ足場はありますが。

こちらです。白亜の豪邸です←
外観が、「白と黒だ」と伝えたとき、がっかりしていた娘が
「うわあ、かわいい~」と声をあげました。

よろしいでしょうか。

どんっ。

1111シートなし外観2

うれしすぎて足場に登っている、おのぼりさんが一人いますけども。

上棟から3カ月弱。
ようやく、我が家がその全貌を明らかにしようとしています。

その上棟のときの写真を。

1108上棟終了

そして、ほぼ同じアングルから、本日の写真を。

1111シートなし外観

トリムがついた

2~3日ご無沙汰している間に、トリムがつきました。
トリムはこの工務店の建てる家の一つの特徴的な意匠です。
つけなくてもいいんですが、我が家ではつけてもらうことにしました。
窓の額縁のようになり、白黒ツートンの外観が
キリッと引き締まって見えます。

<before>
1111カルク施工後玄関

<after>
1111トリム-玄関

いかがでしょうか。
ベージュの外壁に、赤いトリムをつけるお宅などもあります。
むしろ、そういう家が多くて、最初は義両親はこの工務店を敬遠していました。

では、玄関だけではなく、窓も。

1111トリム-ユーティリティ
手前の横滑り窓がユーティリティ、奥の縦滑り窓がマルチシンクの洗面。

1111トリム-吊り押入れ
これは、小上がり和室の吊り押し入れの下の地窓です。
ここは、トリムと同じ素材で造作の面格子がつく予定。

それから、漆喰とサイディングボードの異素材を使ったので
外壁のつながり感をだすために、
縦方向には付け柱がつきました。
出隅に、トリムと同じ素材の柱です。
1111付け柱

今日は、大工さんたちは、よその現場の応援とかで大工仕事はお休み。
外で、雨樋の仕上げ作業が行われていました。

予定では15日に足場解体。
12月17日のオーナーチェックまで約1ヶ月は、内装・設備作業になります。

引っ越しの見積もり-エンターからアポまで

金、金、カネ。
家を建てるのは、夢でもロマンでもない、カネですよ、カネ!!!!
・・・・

とか、あらくれてても何も話はすすみませんので
11月2日、引っ越しの見積もりにとりかかることにしました。
業者はどこがいいのか、
近くにどんな業者があるのか、
だいたい、いくらかかるのか。

とりあえず、誰かざっくりしたところ教えてくれないだろうか、
と、思って気軽にこんなところにちょいちょいちょいと入力してしまいました。
住所、家族構成からはじまり、引っ越しの日取り、
旧居、新居の家の形式、家具の種類、数・・・・
というようなことを、ちょいちょいちょい・・・
で、エンターキーを押した数秒後、鳴る電話。

「ありがとうございます。引っ越しの○○です。
 さきほど、ネット見積もりをご利用いただきまして、ありがとうございます。
 さっそくですが、見積もりのために、訪問させていただきたいのですが」

「・・・・・」

立て続けに5本くらい、そんな電話がかかってきました。

「あ、あの、ちょっとした相場を知りたかっただけで
 具体的にまだ、考えていなかったので
 見積もりに来たい、といわれても、まだ心づもりがないんです。
 あらためてこちらから電話しますので」といって
すべての電話を切りました。大変なことになったよ・・・。

そしておりしも、学校の行事とか立てこんでいるこの数日。
時間のありすぎる日も逆によくないかもしれない。
と思い、10時半から13時までという中途半端な時間帯の
ボランティアを引き受けていた今日、11月10日に無理矢理ねじ込もうかなと決めました。

最初に決まったのは「アート引っ越しセンター」。
なぜなら、ちょうど10日の午後にしようと決めたタイミングで
「その後いかがですか?何か進展はございましたか?」と
電話してきたからです。
「では、朝からでかけて帰りが13時過ぎなので、14時にお願いします」

それから、お値段を勉強してくれることを噂で聞いていた「サカイ」には
「アート」との電話のあと、こちらから電話をしました。
「10時40分頃から出かけるので、9時半におねがいできますか?」

さらに、最初の電話の時に、とても気さくに引っ越しの裏話を
いろいろ話してくれた「アーク」にも電話をしました。
「昼間は出かけていて、14時にアートが来るので15時以降でお願いします」
「えーっと、その日は15時以降はムリなんですよ。
 13時半に伺いますよ。」
「30分でいいですか?」「大丈夫、13時半きっかりに伺います」

さらに、「アリさん」とかありそうですが、
オットがメインキャラのタレントを好きでないから
依頼したくないというので、
毎日毎日メールは届きますが、依頼しないことになりました。

さて。
今日はもうそういうわけで、しゃべり疲れて頭が痛いのでこの辺で。
実際どうだったかは、また後日。あしからず。

スケジュール確認

今日は営業担当部長と朝一で待ち合わせをして
引き渡しまでのスケジュール確認をしました。

現場では、トリムの加工。
トリム、雨樋などの施工が終わり次第16日には足場解体です。
早いものですね、もう10日弱で大工さんたちとお別れ。

その後、内装、住設、清掃、検査などを経て

じゃーん。

12月21日、引き渡しとあいなります。

それまでに、市役所関係の手続き。
うちが購入するまで更地で住所がなかった土地に
住所を作ってもらい、住民票を異動し、
銀行で最終ローンの手続き、
その前に、火災保険の契約。

やることは山ほど。

ネットの契約、
引っ越し業者の手配、そうしながら
やはり年末年始の準備も。

引っ越しは12月22日終業式終了後始めます。

手伝いに来てくれてもいいよ。

ユダ木工の建具

1111ドア3枚

昨日まで段ボールに包まれていた、2階の建具が開梱されていました。
ムスメの部屋です。
クロスペンのガラスが格子になっているのがこども室用。
息子の部屋も同じものです。
左の窓のないドアは、主寝室用。
 
あと、かすかに見えるかな、娘の部屋の隣はトイレなんですけど。

11112階トイレドア

これがトイレドア。
1階のトイレ、洗面室も同じ、水回りは、すべてこのドアです。
中の人の気配を感じやすいように。
年寄りがいますからね。

1111子ども室ドア

もう一枚娘の部屋から、吹き抜けを見た景色。
部屋の右手はクローゼットですが、
コストダウンのために、建具なし、です。
ま、部屋がちょっとでも広く見えたり、
カーテンで遊べたり、悪いことばかりではないと思います。

いろいろできたり届いたり。

11112階廊下手すり

昨日の土曜日に、だいぶすすんでいました。
まずは、念願の、念願の、念願の。

2階廊下の手すりです。
お尻がぞくぞくしないでも、歩けるようになりました。

1111ロフトてすり
 
そして、手すりといえば、ロフトにも。
ロフトは、2階主寝室のWICの上に作りました。3畳です。
オットのたっての希望です。
収納というより、隠れ家。
書斎だって6畳あるのに、どんだけ隠れたいんだって話です。
ま、それはいいとして。

1111小上がり

小上がり和室も、外枠が出来上がっていました。
正面は吊り押し入れと、仏壇。
そして4畳半のたたみ、合計6畳のスペースです。
リビングからは33センチ上がります。
もともと、床材はリビングと同じものを続きで張ってある上に作るので
小上がり部分は、理屈上撤去することもできます。
手前はダイニング。
ダイニング広すぎるなー。と思っていたけど
小上がりができてみると、ダイニングテーブルでいっぱいになりそう。
小上がりの下は、収納スペースにします。収納力はしれてますけどね。
長ーいものがおけます。

1111手水鉢

1階トイレの手水鉢。
水栓とともに、届いていました。
娘の手で持っています。

1111子ども室建具

届いていた、といえば、ユダ木工の建具。
これは、子ども部屋の引き戸です。
クロスペンのガラスがお気に入り。

1111ユーティリティ

そして、そして。
お待ちかねのユーティリティ。
奥行き50センチのミシン台と、奥行き30センチの棚。
ようやくとりつけられていました。
玄関土間側からの眺めです。
ユーティリティの向こうは小上がり和室です。
左手前に、玄関のニッチが見えますね。
ここの壁は屋内で唯一の塗り壁になります。

以上、怒涛のアップ。

リボス施工

日曜日だったけど、ためしに現場に行ってみたら・・・
大工さんはお休みだったけど
室内のオイル塗装が行われていました。
リボスのカルデット・ウォルナットです。
ケーシングや窓枠、造作棚などがこの対象です。
わかりやすいところから、オットの書斎の棚。

1111リボス書斎棚

ちなみに施工前。

1111書斎

午後、差し入れを持って行ったときは
2階の作業が大体終わり、外でトリムになるシダーにドノスを塗っておられました。

1111トリム材料塗装

外壁の窓まわりにトリムがつくと、一気にこの工務店の特徴的な建物になります。
トリム、楽しみ。

掃き出せ、、、ないじゃん。

11112階掃き出し

先日、箒を買ったっていいましたけど。
ここ、2階の寝室掃き出し窓。
ちょっと立ち上がりがありますね。
1階リビングの掃き出しは、床とフラットなんですけど。

掃き出せないじゃん。

orz

カルクウォール施工終了

1111カルク施工後玄関

11月1日から始まったカルクウォールの施工は、
3日の午前中に終わりました。

まだ、いろんなものがくっついていますが、玄関はこんな感じです。
左奥に見えるのは、リビングの掃き出し。
腰壁のサイディングは、コストダウン対策だといいましたが
左官さんは、この腰壁があったから漆喰が映えるよ、
いいねえ、と言い残して去って行かれました。
漆喰とサイディングの見切り、それから建物の出隅には
ドノスのダークブラウンを塗ったレッドシダーを貼り付けます。
そしたらまた、いい表情になるよって、左官さん言ってくれました。
楽しみだ。

3日の午前中現場に行って撮った塗り終えたばかりの壁です。

1111カルク乾燥前後

右が塗り終えたばかり。
左の壁は1日の昼、最初に塗った壁です。
乾燥すると白くなるよ、といわれたけど、ほんとに色が違います。

1111こて

後片付けされた、左官さんの道具達。

今日の現場


和室のこあがり、骨組みができてます。
雨の日曜ですが、2階では、オイル塗りの作業中。
リボス、ウォルナットが窓枠などに塗られてます。

洗面所とお風呂はセットにしないほうがよかった




携帯画像なので激しくみにくいですが、
我が家の水回りの間取りです。

上の方に左から風呂、洗面、トイレと並んでおります。
ちなみにトイレの隣はキッチンです。
下のオレンジでかこったところが、義両親のスペースです。
水回りに近い配置は悪くないなと、いうところ。

お風呂が家のどん詰まりです。
最初のころの記事で、
家族全員が使う水回りがどん詰まりなのが気に入らないって話は
したと思います。
この位置にしか洗面がないことは、絶対不便だと
強硬に主張して、1階の反対の端に簡単な流しをつけました。
それでも、それを主張したのは私一人で、
義両親からもオットからも無駄な設備だとかなり反対されたのです。
私は、朝の洗面ラッシュと来客の手洗いの対策として
この第2洗面を考えたのでした。

しかし、ここにきてオットが言いだしたのです。
「お風呂と洗面をセットにしたのは間違いだった」と。

一応、洗面の入り口にはカギをつけました。
娘のためです。
娘が入浴中に、息子や義両親の出入りを遠慮してもらうためのカギです。
それで、娘は守れますが、義両親が洗面を使いたくなった時には
不便を我慢してもらわないといけません。
家の反対の端の第2洗面を使ってもらえばいいわけですが
これから、弱って行くばかりの義両親には不便ですよね。

そこで、です。
洗面所から洗面台を出し、この水色の部分を脱衣所とすれば
中から鍵かけても、誰も不便にはならなかっただろうな、と。
洗面所の洗面台の手前、トイレと隣接する壁におくタンスを探したのですが、
タンスというのは奥行き40センチとだいたいきまっているらしく
この洗面所の開口では、タンスがおけないのです。
洗面台をはずせば、そこにタンスもおけます。

そして洗面台は、トイレの外にある、収納スペースに置くのです。
洗面台だけを使うのに鍵は必要ありません。
逆に、オープンスペースにあることで、
来客にとっても、使いやすくなるのではないか、っていう。
あるいは、トイレと洗面をセットにしたような
化粧室っていうプランもあったかな、という話になりました。
今となっては、ですが。

洗面所とお風呂が続きのこの間取りは
たぶんよくある間取りで、今住んでいるアパートもこうです。
そういう先入観にとらわれていたことと、
今までは別世帯で、価値観も生活時間帯も全然違う2家族が同居するということを
水回りは考えないといけないな、と今更ながらの反省点です。

いや、私はよくないって言ったんだけどね。
誰も聞いてくれなかったんだね。特にオットが。

オットに関しては、2階に水回りがないってことを
今頃になってものすごく心配し始めました。
そのことも、私は指摘したんだけどね、聞いてくれませんでしたね。
オットの寝室は、この水回りの真上なんです。
階段は、家の反対の端っこ。
遠いよ、洗面所まで。しーらないっと。


カルクウォール施工

1111カルク
ざっと数えて20本以上ありました。
左官さんよろしくお願いします。
今週福岡は25度を超える日が続きます。

1111カルク塗り1
塗り始めですね。
我が家はクリーム色です。
乾くともっと白っぽくなるらしいです。

1111カルク塗り2
南側の大きめのスペースでテキスタイルの確認。
なるべく大きめの波で頼みますねー。

1111カルク塗り3
うーーー。
この、ドノスダークブラウンの軒とのコンビネーションがたまらない。

2~3日かかりそうです。

最後におまけのオットの隠れ家。
この、どシンプルな棚の寸法決めに何日かかったことか。

1111書斎

いつになく文字少なめですが、本日はこれにて。
家の中では、玄関、シューズクローク、ユーティリティルームの
石膏ボード施工中。
棟梁は、いよいよ小上がり和室の吊り押し入れに取り掛かっていました。
いやもう、ほんと佳境ですよ。あっという間ですね。
そろそろ火災保険と引っ越しを真面目に考えないと。

ルンバもダイソンも買えない私は。

長柄箒

ども、新築ブルーで受験貧乏のRIE☆です。

そういうわけで、気分をアゲたいのですが、お金がありません。

しかし、新居での生活に必要なものを少しずつそろえる必要があります。
せっかくの新居での生活をなるべく快適にするものを。
私は18歳までを平屋のウサギ小屋で過ごし、
そのあとは、ずっと鉄筋のワンフロア暮らしです。
ロケーションは、高級住宅街から狸も出没する学生街、私鉄沿線までいろいろですが。

ま、それはいいとして。
何がいいたいかというと、2階建の掃除事情がいまいち想像できないです。
一番想像できないのは、「階段」かな。
持ち運びの簡単な、コードレスの掃除機も検討したし
それもいずれ買おうかな、とは思っていますが。

新居のワタクシ的なテーマは、「50年前」です。
この4~50年で急成長した技術を、使わないで済むなら使わない。
50年前の日本の家の考え方をとりいれる。

そこで、箒です。
電気使わない、騒音しない、床に傷つかない。
ちっと埃は舞いますけどね、埃は人が動けば舞うんですよどうせ。

探すともなく探していたら、お手頃なのを見つけました。
なんと「亀の子束子」で。

冒頭の画像が、長柄の座敷箒。
140センチも高さがあるので、らくらくです。
掃除機なら、床と幅木の2度手間になるところも、箒だと1回です。
息子を追っかけるのにも、掃除機より風情があります。
息子を追っかけることが、風情があることかどうかは、つっこまないで。

そして、いまいち使い道をはっきり決めてはいませんが。

箒ライト
 
こちらは、短く軽い箒。
洗面所とか玄関土間とかにおいたらいいかな、と思って2本買いました。
これだと、息子をおっかけるときにかなり身軽です。

最後にこちら。ハンドタイプ。
これは、完全に決めてます。ミシン廻りに使います。
娘のお尻を叩くのにも勝手がよさそう。

ハンド箒
 
商品のラベルから、「亀の子束子」社の製品は、ライトとハンドだけのようです。
あと、ハンドタイプは、メイドインジャパンでした。
ライトタイプは、タイランドです。
長柄には、表示はありませんでした。
そこいらにこだわりのある方は、ご自分でご確認くださいませ。

新居での掃除も、若干楽しみになってまいりました。

そうそう、明日から、外壁カルクウォールの施工が始まります。
本体工事も佳境です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。