スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステンレス!

う~ん、カテに迷います。

ステンレスって、私、鉄と何かをまぜた合金だって言う認識はあったんですが
だからこそ、磁石がくっつくと思っていたんです。
実際、以前住んでいたおんぼろアパートのワークトップにはくっついてました。
先日も、紹介した「ステンレス」の炊飯鍋にもくっつきます。

で、SSのワークトップに何気なしに置いた磁石が
くっつかなかったから、びっくりしたんです。

えーーーー!!!もしかして、アタシ、詐欺にあったのぉーーー。

で、調べてみました。

そしたら、まぜる合金の種類と割合で、
磁石がつくステンレスとつかないステンレスがあるんですね。
ステンレスって18-0とか18-8とか表示がありますよね。
前の数字がクロムの配合割合、後ろの数字がニッケルの割合。
ニッケルが入ると、磁石につかないそうなんです。

で、SSは18-8ステンレス。
SUS304っていうステンレスのようです。

だまされているわけではなく、そういうステンレスには
磁石にくっつくものと、くっつかないものがあるっちゅう話でした。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。