スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田植え実習

2012.06.18 つれづれ

ごぶさたしています。
娘も無事、志望校に入学し楽しく登校しています。
私は、小学校の役員を引退し、本屋の倉庫でパートをはじめました。バタバタと日々をすごしています。

さて、娘は農業高校に進学しました。
学科は、家庭科を専門とする学科ですが、
調理実習では、食品加工の学科で作った味噌を使ったり、
園芸系の学科が作ったハーブを使ったり、
こうしてみると、農業がどれだけ私たちの生活に不可欠なものか思い知らされる毎日です。
そして、今日は一年生の恒例行事、田植え実習でした。
上の写真は、皆で圃場にむかっているところ、そう、雨だったのです。
校長先生からは、数千年続く、日本人の文化の源であるとのお話がありました。そして、田植えは雨が当たり前とも。

広い広い水田。
その幅いっぱいに、2クラス+手伝いの保護者=およそ100人が2列、
たんぼの中程に向かい合わせに並び、
バックで進んでいきます。

並びはじめた様子です。


手には、こういうのを持って。


ガイドになるロープがピンと張られ、それには等間隔に赤い印がついています。それを目安に苗を植えて行くのです。

ぴっと、笛が鳴るとロープが移動します。
ロープが位置についたら、再度笛が鳴り、自分の前のマーク(4~5ヶ所)に苗を植えます。
そして、一歩後退。足あとをならす。

2時間ほどの作業でした。
水の感触、泥の感触、雨が強くなったり弱くなったりを感じながら。

終わったらまず、側溝で手足を洗いました。
そこには、こんなものが。



久しぶりに見ましたね、アメンボ。
よくみると、生まれたばかりの小さなおたまじゃくしも。

娘のおかげで、3年間貴重な体験ができそうです。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。